スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズノミカというvoice


 何を隠そう"tsukuyomi"には、

 ボーカルと呼ばれる人も、シンガーと呼ばれる人も

 いない

 けれど女性の声がする

 ご安心を。

 Ghostではありません

 言葉を、声帯と自らの身体を共鳴させて紡ぐ

 "voice"というポジション

 それが

 "tsukuyomi"に最後に現れた魔法使い

 mika5

 ミズノミカ

 ミカとの出会いは実は、"tsukuyomi"のどのメンバーよりも長く、彼女が10年やってきたピアノとコントラバスのDUO「みかとやす」、その2人のサポートをしていた僕の友人per豊田稔の紹介によって。


 
 "tsukuyomi"のvoiceは当初ほしばかなえが担当、彼女が自分の活動に集中するため2012年12月のLIVEをもって"tsukuyomi"を卒業。(わぁ、A○Bみたい!笑)

 そこから僕の新たなメンバーを探しが始まる。

 一番に求めたのは声の透明感。

 実は半年考えた。長っ!笑

 その間、つまり2013年の前半、僕はRickie-Gというレゲエのシンガーのバンドに入り、毎週末地方を転々としながら、"tsukuyomi"のvoiceに思いを巡らせていた。

 彼女なら、、、

 mika9

 たしか7月か8月になって、ミカに電話をした。

 僕 「ミカ、10月に"tsukuyomi"のワンマンをやろうと思うんだが」

 ミカ 「はーい、見に行けばいい?♪」

 僕 「いや、歌うの。」

 ミカ 「およよよよよよよよよよよよよよよよ??????」

 これ実話。笑

 そして2013年10月の初ワンマンで"tsukuyomi"初登場

 mika14.jpg
 
 ミカの持つ世界観と、"tsukuyomi"つまり僕の描く世界観がこんなにマッチするとは

 mika15

 アルバムの1曲目「starless」

 サビのメロディーと詞は僕によるものだが、前半のポエトリーリーディングはミカの詩「星屑メンテナンス」

 mika9.jpg

 ミカは歌だけでなく、"言葉を紡げる"稀有な歌い手、いや語り手といった方がしっくり来る。

 mika2

 僕が描いた物語を、大事に大事に語ってくれる。

 mika3

 彼女の持つ、彼女しかもっていない視点、この世界を捉える角度、色合いが素敵。

 twitterのつぶやきでさえ詩的。

 またワンマンの時にのみ演奏する「スロウ」はミカの曲。僕が"tsukuyomi"風にアレンジしているが、もともとの曲が素晴らしい。

 もともとのミカや、みかとやすのミカを知る人はみな僕自身も含めて、以前には出さなかった"tsukuyomi"のミカの艶やかさに驚かされる。

 mika4

 そんなミカ、今夜京都で歌うみたい

 ミカ年内最後かもしれないとのこと、関西圏の方はぜひ

 11/19(水)
 【 VOXFESTA!】

 mika11.jpg

 【出演】 拝郷メイコ ふじおかみゆきwithジョニー cue ミズノミカ
 @京都三条VOXhall
 18:00開場 18:30開演
 ミズノミカは19:10~


 "tsukuyomi"のLIVE中、

 素晴らしき才能によって鳴らされる7つの音に囲まれて

 僕はいつも意識が遠のきそうになります

 "honeymooner"はその世界観を一人でも多くの方に知って頂きたいと願い、

 時間をかけて大事に創って来ました。



 ありがたいことにすでに多くの方の手に渡り、耳に触れ、

 嬉しい感想も頂いていますけれど、

 もっともっと、届いて欲しいと願います。

 実際の店舗では大型のCDショップでしか置いていない場合がありますので、タワレコオンラインAMAZONなどもご利用頂けますと容易にお届けできます。

 次回のblogは何を書こうかな。

 いないメンバーの紹介でもしようか。笑

 ひとまず今宵の閉めは、ぐるぐるミカで。

     mika15

 それではみなさま本日もごきげんよう♪

 ご出勤の方はどうぞお気をつけて。
 

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。