スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波の音(ね)を待つ雪消月

 先頃、1200字ほどのライナーノーツを書いた。

 1200字と聞くと膨大な文章を想像されるかもしれないがこの字数は意外とあっさりと尽きてしまうもので、最終的にかなりの段落をカットすることになった。

 僕はその手の文章にしろこういったblogにしろ、書く内容をまったく決めずに書き始めるが、これは逆に誰かに自分の頭の中や心情が整理されるような作業でおもしろい。特に想いが詰まり過ぎた内容を扱う時は、、、

 雪消月、「ゆきげづき」や「ゆきげしづき」と呼ばれる2月の異名。

 ふたたび、彼が東京に帰ってくる。

 Namioto

 ryozo2_20140128035141127.jpg

 昨年11月から今月まで僕らは音源を配信した。昨年3月に彼をリードシンガーに迎えて、僕のユニット"tsukuyomi"とコラボレーションしたliveを録音したもの。

 11/11に「金屏風」「Dahlia~waltz ver.~」の2曲

 1/1元旦に「じょんがらじょん~jazz ver.~」

 1/11に「かけすてて」

 この4曲はNamiotoが作詞作曲した素材を僕が"tsukuyom"versinoにアレンジした。

 それぞれ曲名をクリックしてもらうと視聴もできるページに飛べるのでどうぞ。

 一音でも聞くとアノ夜がよみがえる。ぜひ聴いて欲しい。

 その Namioto × "tsukuyomi" ふたたび

namioto tsukuyomi

 Namioto・・・2002年ユニバーサルジャパンよりcuneのボーカルとしてメジャーデビュー。大部分において作詞作曲を手がける。よりジャンルに囚われない自由度の高いパフォーマンスに専念するためにバンドを脱退、ソロ活動始動。旅をしながら音楽を作ることを実践する。ソロ転向後はpianistとシンプルにそぎ落としたsingle「Ameni」。2013年11月、sax奏者・庸蔵率いるユニット”tsukuyomi”とコラボレーションしたlive音源「Dahlia~waltz ver」 「金屏風」をi tunesより配信リリース。現在鹿児島在住。今回はダンサーのアノ人も帯同、との噂。。。

 "tsukuyomi"・・・sax奏者・庸蔵が2011年に始動させた自身初のリーダーユニット、2013年10月に行われた初ワンマンも盛況に終えた。独特としかいいようのない世界観で、sax、バイオリン、パーカッション、ドラムス、ガットギター、アコースティックベース、key、voiceのアコースティックな8音が即興と組織されたアンサンブルを自在に行き来する。今回のメンバーは、丸山力巨(g)、梅田誠志(b)、清野雄翔(key)、只熊良介(ds)、禹貴惠(vln)、ミズノミカ(cho) その夜だけの音物語を綴る。Namioto、大石昌良、榎本くるみなどシンガーとのコラボレーションにも定評がある。

 2/11、火曜は祝日・建国記念日に青山の満月の下に帰って来ます。

 さらに今回も、今最も聴かれるべき歌うたいの2人を迎えて、

 次松大助

次松大助
 
 1999年「ザ・マイスティース」のボーカルとしてミュージシャンのキャリアをスタート。5枚のフルアルバムと2枚のミニアルバム、6枚のシ ング ル、2枚のライブDVDをリリース。フジロック、サマーソニック、カウントダウンジャパン等多くのフェスティバルへも出演。ミュージシャン活動以外でも音楽誌、ファッション誌でのコラム連載等で多彩な才能を発揮。「ザ・マイスティース」結成10年目を迎えた2009年4月、多くのファ ンに 惜しまれつつも解散を発表。シンガーソングライターとしての新たなキャリアをスタートし、1stアルバム『Animationfor oink, oink!』をリリース。現在は独特のピアノ弾き語りスタイルで、日本全国や韓国でライブツアーを行っている。2013年1月23日、3年振りとなるアルバム『Ballade for Night Zoo』をリリース。

 奇妙礼太郎

kimyo reitaro

 「大根 ! 人参!ロックンロール!くよくよしようぜ! ~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。
弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了し、CMなどでもその歌声は多数起用される。2013年、初の弾語り全国ツアーを実施、ライブ会場限定にて『HOLE IN ONE』をリリース。

 最高のラインナップでお届け致します。

 最初から最後まで一音も聴き逃して欲しくない夜。

 この日も料理はもちろんフードコーディネーターのソウダルアを月見ルのキッチンに招聘。3組の音からインスパイアされたこの日限定の特別料理でお出迎え。レストランに寄る必要はありません。18時の開場からお越し下さい。

 完売の可能性もあるため、お早めのご予約をオススメ致します。会場の「月見ル君想フ」へ直接お願いします。

 2/11(火・祝)

 「月の待ち人~雪消月のSpecial Night~」

Namioto × "tsukuyomi"(庸蔵's band style)
次松大助
奇妙礼太郎


 @南青山・月見ル君想フ

 open 18:00 / start 19:00

 adv 3000 / door 3500(各 +1d 500)

 ご予約・詳細はコチラ


  1533377_561306520623687_572924027_n.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。