スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち人来たりし夜

 あの夜、目の前にはたくさんの人がいた。

 13.jpg

 2011年の秋、僕のワンマンの際に、僕のバンド"tsukuyomi"は生まれ、その時にゲストシンガーとして参加してもらったのが、波音という名前が生まれる前の小林亮三だった。

 スタンダードを2曲、session要素の強いステージだった。

 それ以来、僕らはこのコラボレーションだからこその、より深いところから共同で作り上げるステージをイメージし始めた。

 いつになるかはわからないが、それは必ずやって来る。

 その後彼は鹿児島へ移住。

 新しい環境に身を置き、新しい空気を吸い、新しい作品を生む。

 僕は東京で、その時をただゆっくりと待つ。

 彼の中の表現者が、東京で歌う、ということを決める日。 

 2012年も終わりかけたある日、彼から連絡があった。

 「東京で歌いたい、一緒に演奏しよう。」

 僕も答えた。

 「待ってたよ。"tsukuyomi"メンバーを揃える。」

 その夜に名前を付けた。

 『月の待ち人』

 何重にも意味を重ねた。

 僕ら自身がこの共演を心待ちにしていたこと。

 波音の歌をたくさんの人が東京で待っていたこと。

 波音自身が東京で歌うのを待っていたこと。

 その日に上る月は月齢19.8歳。更待月(ふけまちづき)と言って22時頃に顔を出す。

 22時はすべての演奏が終わる時間、その月をその場にいるみんなで待とうということ。

 特別な夜にふさわしい素晴らしき歌い手、樽木栄一郎と大柴広己のお二人に共演をお願いした。お二人とも即決で快諾してくれた。

 2月初旬、波音と僕は今回演奏する曲たちに関して意見交換を本格的に始めた。

 まさに「交換」。

 鹿児島と東京の間で。

 キーワードやイメージをお互いに送り、自分の心が開いたタイミングで相手の言葉を受け取り、またそれによって喚起された新たなイメージを送る。それを繰り返す。

 今回の演奏時間は45分。

 用意する曲は7つ。

 この日のためにお互いに新曲を作る。

 一つずつ決めて行った。

 以前からだけど、不思議なのは波音と僕がお互いの心境やイメージをたった少しの言葉でキャッチし合えること。

 お互いに感じたことは、音のイメージが、波音は静から動へ、僕は動から静へ、という逆の動き方をしている事。僕らのイメージが両端から歩いて来て出逢うところ、そこが今回のステージで僕らが描きたい世界になる。 

 少しずつお互いのイメージが重なって行く。

 そして迎えたバンドリハーサル。

 いつものように直前に(笑)僕から譜面とデモを渡された"tsukuyomi"メンバーが、僕自身が一番驚くようなセンスで、

 僕が並べたコードを新しい曲として立体的に浮かび上がらせる。

 いつも思うが、このメンバーの解釈と反応の早さには恐れ入る。心強いことこの上ない。

 波音は歌詞とメロディーを、僕は編曲をギリギリまでつめながら、その日がついにやって来た。

 写真 (2)

 樽木栄一郎は息を飲む至高のソロパフォーマンス。

 写真 (1)

 大柴広己トリオはパワフルなスタートから一転、中盤から涙を流すお客さんもたくさんいた。

 写真 (2)

 そして始まった。

 彼が歌い出した。

 11_20130305233512.jpg

 この日、僕がメンバーに求めたイメージは一つ

 「ひたすらに美しく」

 その意味はただ綺麗に、という事ではなく、

 「人間の美しさ」を「魂の美しさ」を

 繊細な音から 渾身の音まで 最大の振り幅で

 只熊良介(ds)

 4.jpg

 梅田誠志(b)

 6_20130305225313.jpg

 丸山力巨(g)

 5.jpg

 清野雄翔(key)

 8.jpg

 禹貴恵(vln)

 10.jpg

 そして僕(sax)

 9.jpg

 波音に求めたイメージも一つ

 「僕らの音の中を泳げ」

 写真1

 12.jpg

 最後の1曲は、僕らの思い出のスタンダードにした。

 最後はただただ子供のように楽しく演奏したかった。

 樽木さんにも大柴くんにも歌ってもらった。

 11.jpg

 1.jpg

 写真 (1)

 すべてが終わった22時。

 夜空には月が出た。

 写真 (3)

 いらっしゃった たくさんのみなさまに 心から御礼申し上げます。

 「月の待ち人」 

  ~終宴~

 また いつか この星の どこかで

 お逢いしましょう

 写真 (5)

 (photo by satomi,tomoko&eko special thanx!!)

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

たのしみにワクワクしなが待っていました。"月の待ち人"っていう名前もステキだなって思っていました。
本当にあっという間に心地いい時間はすぎて夢の中にいるみたいでした。ありがとうございました♬

Re: タイトルなし

yuunaさん お久しぶりでしたね!来てくれて嬉しかったです。待ってくれている人がいる、というのは演者として本当に幸せなことです♪

> たのしみにワクワクしなが待っていました。"月の待ち人"っていう名前もステキだなって思っていました。
> 本当にあっという間に心地いい時間はすぎて夢の中にいるみたいでした。ありがとうございました♬
プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。