スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの夜のお話~大石昌良 × "tsukuyomi"

 また時間が開いてしまった。

 時間の流れはあまりに早い。

 ここでやっと振り返る時間ができた。

 あの長い夜。

 あまりにも長過ぎた夜。

 あの夜に辿り着くまでのさらに長い夜。

 何から書き始めようか。どれも正解でどれも不正解に違いない。

 僕のワンマンは今年で2回目になる。

 月見ル君想フでは初めて。

 あの夜がどうやって生まれたかを、順を追って話すこと。

 これはただ、すでにカオス化している自分の頭の中を整理したい、という僕自身の欲求による。

 去年、僕は自身のワンマンのために初のリーダーバンドを作った。

 2011年10月14日(昨年は10/14に開催した。)に"tsukuyomi"(庸蔵's band style)というバンドが生まれた。

 まずはこのバンドのロングliveをメインに、しかしこの後に話す豪華なゲスト陣の登場によって結果"tsukuyomi"のliveはいつも通り50~60分ほどのサイズになったのだが。苦笑

 そしてこのバンドにリードシンガーを迎えて、この日だけのコラボレーションによるスペシャルliveをやろうと決めた。

 誰を誘おうか?

 その疑問が解決されるまでの時間は0.002秒ほど。

 今年のワンマンはこの男しかいない。

 大石昌良。

 そう思ってオファーしたのは今年の4月。実は半年も前から始まっていた。花見で話したんだよ。笑

 半年前は庸蔵ワンマンの全体像はまったく見えていなかった。

 けれど、大石くんは"その場にいてもらわなければならない"アーティストだった。

 彼は快諾してくれた。

 大石昌良 × "tsukuyomi"

 考えるだけでワクワクした。

 9月のある日、大石くんちで彼が言った

 「やりたい曲があるんだ。とっておきの。」

 数日後、彼からこの5曲でどうかな?という連絡が来た。

 この男、、、本当にわかってる。。。

 そう思った。

 選曲からすでにハイセンス。僕のバンドにベストマッチするであろう5つの曲。
 
 そして、僕らが用意したリハはたった2回。

 9人のミュージシャンを集めるのはなかなか簡単ではない。

 初回のリハは9月末に設定された。

 しかしあろうことか、僕自身がワンマン全体の準備で思ったような時間がまったくとれず。

 ギリギリで(文字通り本当にギリギリで。苦笑)譜面を僕のメンバーに送り、初回リハを迎えた。

 ほとんど初見の譜面でのリハとなったメンバー。

 初回リハを終えた僕個人の感想は10~20%の完成度。

 まだまだ。

 それでも僕にはわかっていた。

 本番の3日前に設定された最終リハでは各メンバーが80~90%に仕上げてくる。

 そしてさらに当日120%に上げてくる。

 素晴らしいメンバーたち。

 そして大石昌良の曲の良さ、シンガー、ギタリストとしての底知れぬ力。

 2回目のリハを終えた後、僕と大石くんは声を揃えて同じ事を言った。

 「これはustもしないともったいないね。一人でも多くの方に聴いてもらおうよ。」

 これが直前にustream放送も決まった経緯。

 そして当日、僕らは9人で一つの音になった。

 写真 (72)

 pierrot→ストーリー→トライアングル→幻想アンダーグラウンド→カブライダー

 「とっておき」と言っていたのはトライアングルのことだったのだろうか。この曲をバンド編成でやるのは大石くん自身も初めてのこと。

 特にトライアングル→幻想アンダーグラウンドの流れは僕自身も心地良すぎて、自分で演奏しながらも不思議な感覚に包まれた。

 そもそもが素晴らしい曲に対して、バンドがドライブしまくっていた。  

 45.jpg

 先の事は誰にもわからないけれど、またいつかこのバンドでliveが出来る日が来たら、もう一度僕はあの感覚を味わえるのかもしれない。

 ありがとう大石昌良。

 僕が知っている最高のミュージシャン。

 写真 (73)

 大石昌良 × "tsukuyomi"

 写真 (74)

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。