スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるくるくるる

 みなさまこんばんは。

 やや久しぶりのblog。

 まずはtwitterの方でもみなさんからご心配の声をいただきまして、ありがとうございます。

 僕の咽喉の状態ですが、8割くらい元に戻った感じです。逆に言うと、まだ完治していない。声帯を痛めると長いんですね。シンガーの方は大変だな、と改めて実感しました。

 周りにシンガーがいらっしゃる方は本当に大事にして上げて下さい。楽器は最悪、新しいのを買えばいいけれど、声帯は代えられません。

 声帯が戻ってきた代わりに咳が止まらない、という症状で困っています。早く完治して、演奏に集中したいものです。

 さて話は変わって、やっと行って来ました横浜トリエンナーレ。

 前回はまさかの休館にビンゴ。。。泣

 会期終了2日前に駆け込み。

     fa5061960a0c11e1abb01231381b65e3_7_convert_20111108222919.jpg

 ミルチャ・カントルさんのフィルム作品「Tracking Happiness」。

 フライヤーの表紙にも選ばれている作品だが、やはり多数の作品の中でも印象に残った。ほうきを持った女性達が、円を描くように並び、前を歩く女性の足跡をほうきで拭き去る。しかし、もちろん今度は自分の足跡が残る。しかし、それはまた次に来た女性によって拭き去られる。

 円を描いている以上、永遠に続く。くるくると。

 説明も言葉もないので、受け手の自由な発想に委ねているのだと思う。

 こういう構え方は好き。映画もはっきりエンディングをしめさないものが心地よい。

 そもそも人生にエンディングがない以上、アートにもエンディング(=結末)などは存在しない。あらゆるものは過程の一部分を切り取ったものでしかない。

     b4bea8f40a0c11e1a87612313804ec91_7_convert_20111108222938.jpg

 これは笑ってしまった。八木良太さんの作品。レコードでろくろ代わりに回して陶芸。

 くるくると。

 シンプルでいいよね。
 
 他にもおもしろい作品が多数。

 今年のテーマは、OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?-だったそう。

 何かを詳しく知れば、その倍の数の疑問が生まれるよ。

 世界はそうやって回っている。

 会場から出たら、月がキレイ。小さいけど、わかりますか?

     写真_convert_20111108223348

 さて今月は製作期間にしていて、liveは本数を絞っています。

 今のところ2本だけなので、ぜひいらして下さいね。

 昨日はその中の1本、11/15用の初リハ。

 ドラマー中村皓のイベント。僕はホストバンドのメンバーとして、5曲ほど?吹きます。

 シンガーがみなさんとてもいい。初共演の人もいて楽しみ。

     IMG_1924_convert_20111108222829.jpg

 harmonic hanmockからタリエちゃん。

     IMG_0102_convert_20111108222850.jpg

 いつかちゃん。と、ここまでは順調なリハだったが、
 
     IMG_7008_convert_20111108222742.jpg

 待ちぼうけのヒグチアイ。と、

     IMG_2006_convert_20111108222803.jpg

 照れくさそうにカメラを避ける丸谷マナブ

 腕の確かな楽しいメンバーでやっています。これだけ聴けてこの料金はお得過ぎるので、オススメですよ。ご予約はストロボカフェHPからどうぞ。

 11/15(火)

 「Green Fields Forever」

 【出演】 丸谷マナブ いつか タリエ ヒグチアイ 

 ※飛び入りゲストあり

 【メンバー】 中村皓 (Dr) 平田崇 (Gt) 濱田織人 (Ba) 清野雄翔 (Pf) 禹貴惠 (Vl) 庸蔵 (Sax)

 【場所】北参道・ストロボカフェ

 【時間】 OPEN 19:00  START 19:30

 【料金】 2000yen + 1Drink Order


 ドラマー中村皓くんの東京初企画イベント。 中村くん率いるホストバンドがすばらしいゲストボーカルとコラボして新しい魅力を紡ぎだします。


    写真+(1)_convert_2011110<br />8224311

 おや、ご飯の炊けた音がしました。

 今夜はこの辺で。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

声帯、早くよくなるといいですね。本当に、痛めるとながいですよね。環境や精神的なものもあるようなので、むりしないでくださいね。月きれいですね☆彡ランドマークタワーかな。ランドマークタワーからみる夜景、すごくきれいで大好きですv-238
応援していますヾ(@⌒ー⌒@)ノ♡

Re: No title

ありがとうございます。本当に長いです、声帯。。。気長に待ちます。笑

> 声帯、早くよくなるといいですね。本当に、痛めるとながいですよね。環境や精神的なものもあるようなので、むりしないでくださいね。月きれいですね☆彡ランドマークタワーかな。ランドマークタワーからみる夜景、すごくきれいで大好きですv-238
> 応援していますヾ(@⌒ー⌒@)ノ♡
プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。