スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密室

 昨日一日blogを書かなかったものだから、

 鬼マネージャーはカンカン。

 僕は若手アイドルをついにあきらめることにした。笑

 昼間に先日買ったばかりのソプラノを持って、

 リペアマンの元を訪ねた。

 一つ気になる箇所があったので。

 すぐに調整してくれて、確かめるために僕のソプラノを吹いた。

 リペアの方は驚いた表情を浮かべて、一つ大きな呼吸をしてから言った。

 「なんですかこれは、、、素晴らしい楽器。。。」

 リペアの方があまりに目を見開いて言うので、どうやら心底そう感じたらしい。

 なんだか僕は嬉しくなった。

 「ありがとうございます。大事にします。」

 この楽器は津上研太師匠とともに5時間かけて、そのお店にあるソプラノをすべて持ってきてもらい、あらゆる組み合わせ

 ボディ10種×ネック5種×マウスピース10種×リガチャー10種の中から吟味に吟味を重ねて選んだ。

 つまり、5000分の1の名器という事になる。

 写真 (15)

 それでもベテランのリペアの方の表情が一瞬で変わるほど素晴らしさ。

 一瞬背筋がゾクッとした。

 研太師匠に感謝するとともに、

 この楽器の持つ力を最大限に引き出せるようこれからずっと吹き込もう。

 吹くのが楽しみになった。

 一般的にはあまり考えもしない事かもしれないが、

 楽器というのは「買い時期」というのがある。

 実はいつ買ってもいいというものではない。

 特に管楽器を新品で買う場合、長年吹きこんで、自分自身はもちろん楽器を育てていく必要がある。

 例えばこの先10年後、僕が今よりプレイヤーとして成長した時に、

 今このタイミングで買ったからこそ、10年間連れ添ったソプラノサックスが手元にある。

 10年後の自分がそこで新しい楽器を買ったとしたら、相棒はまだ0歳でしかない。そこからまた何年も吹き込まねばならない。今度は自分が何歳になるか。ということになる。

 リペアの方は最後にこう言って笑った。

 「いつかこれを手放す際は、まず私にご一報を。」

 笑。
 
 新しい相棒の行く末が楽しみ。

 生かすも殺すも自分しだい。

 さて、今夜も新しい相棒と真夜中のデートに出かけよう。

 スタジオという名の密室に。

 「今夜は君を帰さないよ。」

 僕が帰れないだけですが。苦笑

 それでは今宵はこの辺で。

 1098418_487646387990307_2038053059_n.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

なつかしい

 さて、今夜も書いてみる。

 そうそう僕は若手アイドルなんだよ。

 鬼マネージャーに毎日blog書きなさいって脅されてるんだ。

 お前にいくらかけてると思ってんだ、3ヵ月後に芽が出ないとどうなるかわかってんだろうな。

 おー恐い恐い。。。

 なんて習慣にしてしまうとそんなに苦でもないかもね。

 本当はすぐにでも譜面書かないといけないんだけどね、、、

 今日は朝本浩文さんから8/26のユラリちゃんのワンマン用のデモが送られてきた。

 今回はカバー曲も結構やるから、あの曲やこの曲、大好きな曲もあった。

 まだ言わない方がいいと思うから、今日は書かないでおくね。

 昨晩はあれだけ悪い予報だったのに、僕が住んでる街では雨は降らなかった。

 スタジオに行きたいのをあきらめて、うちでシャドウサックスにしたのに。

 行けばよかった。

 そもそも天気予報はあくまで予報だから外れても文句を言っちゃいけない。

 つまらないものですが、と言われてもらった土産が本当につまらないものでも、

 やっぱり文句は言っちゃいけない。

 そもそもすぐに文句なんて言っちゃいけない。

 悪い言葉には悪い言霊が付いてる。

 自分が発することでそいつらが出てくる。

 悲観的なことや不安を口にするのはただただもったいない。

 着たい服を選ぶのと同じ。自分がまとう空気は自分で選べる。

 あっ宗教を始めようってわけじゃないよ。笑

 だから安心して壷を買ってよ。

 安くしとくからさ。笑

 そろそろ譜面書かないと、、、

 今夜の天気ならスタジオにも行けそうだ。

 もらったばかりの曲を吹いてみよう。 

 あの大好きな曲を吹いてみよう。

 1997年にフォーライフミュージックから、今はなき(笑)8センチシングルでリリースされた曲で、オリコンは10位。

 うん、名曲。

 どの曲かはlive本番でのお楽しみという事で。

 朝本さんが好きな曲は、僕も好きな曲が多い。

 好きな方向性が似てるんだと思う。

 それでは今宵は朝本さんの曲でもupしておきましょう♪



 音楽に時の流れは関係ない。

 例えば90年代の曲を聴くと「なつかしい」なんて感想を言う人をよく見かけるけど、

 あのね、

 イイ曲は何年経っても

 coolなの。

 好きな曲はずっと聴き続けて欲しい。

 もし昨日も聴いていたら

 「なつかしい」

 なんて言わないでしょ。

 好きな曲はずっと側に置いていて。 

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

どっちでもいい

 4日連続でblogを書くなんて、初めての事じゃないか。

 多分そう思う。

 そうやって毎日書いてしまうと、今度はそれが足かせになり、書かなきゃって重荷になり、楽しくなくなる。

 そうなるとまた書かなくなったり、

 ちょっとしたことのどこにでも真理は潜んでいるもので、

 書いても書かなくてもどっちでもいいんだよ結局。

 昨日は変化を求めて新しい街に越してきた、という話しをしたが、

 部屋と街が新しくなるといやでも生活も変わる。

 一つしかなかった部屋が三つになると、3倍の掃除が必要なのか。

 こんな当たり前の事にすら越してみないと気付かなかった。

 広い部屋より高い部屋より綺麗な部屋より、ほこりがまったく積もらない部屋が欲しい。

 広い部屋に住んで、余裕ができた空間にお気に入りの家具を置いて、なんて考えていたが引越しですべての金がなくなった。

 昔占いで「アンタは一生金には困らない。」と言われたが、

 確かに困った事はないが、貯まったこともない。

 金に関して言えばずっと低空飛行、同じ景色しか見えない。

 昔とあるアーティストがとある売れっ子アーティストに聞いたらしい。

 「君、どうやったらお金って貯まるのかね?」

 そうしたらこう答えた。

 「使うことですよ。お金は貯めると貯まらない。使う人の処に使われたくて自分から入って来ますよ。」

 「ほう、なるほど。」

 それを聴いてそのアーティストはお金を使い始めた。

 前よりたくさん飲んで、前よりイイもの食べて、前より人に奢った。

 そしたら、たまたまだが、身体を壊して入院するハメになり、今まで使った分に入院費用がかさみ、

 「アイツの言う事聞いたら、すっからかんだ。」と笑ったそうな。

 どっちでもよかったんだよ。結局。笑



 そういえば本日新たに2つのliveを追加したのでご案内。


 8/26(月)

 ユラリ(ex Bahashishi)ワンマンlive

 @青山CAY


 yurari2.jpg

 僕のスケジュールが読めず発表が遅れましたが、元BahaahiahiのVo ユラリちゃんのワンマンlive。2ステージでたっぷりやります。CAYのゴハンは美味しいと評判、お食事しながらごゆっくり。

 key/バンマスはもちろん僕のヒーロー朝本浩文さん。強力メンバーでイイ感じにgrooveするよ♪

 【メンバー】

 ユラリ (Vocal)
 朝本浩文 (Key/PC)
 伊藤直樹 (Drums)
 伊原真一  (Guitar)
 Jari  (Bass)
 庸蔵 (sax)


 【時間】open 18:30(DJ start) / LIVE start 20:00(※2ステージ入替なし)

 【料金】予約 2,000 / 当日 2,500

 【席種】着席または立見(ご来場順)
 
 【会場】CAY(スパイラルB1F)東京都港区南青山5-6-23

 概要はコチラ 

 
 9/7~8(土・日)

 Rickie-G
 
 Greenroom Camp'13

 @千葉県南房総市根本マリンキャンプ場


 5月に赤レンガ倉庫で行われたGreen Room Fesのビーチキャンプ版

 まだまだ夏だぞ みんな キャンプにおいでよ

 僕の大好きな calm も出演 楽しみすぎ

 09.jpg

 明日は書かないよ、明日は。

 毎日書いたらがんばってる若手アイドルみたいじゃない。笑

 綺麗な満月隠れちゃったね。

 今日この後雨が降りませんように。。。

 それでは今宵はこの辺で。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

 夜になると涼しい。

 昼間はもちろんまだまだ暑いが、夜になるとセミより鈴虫の声が聴こえるようになった。

 そういえばこの間、

 blogをほとんど書いていなかった5月~8月の数日前に起きた出来事として、

 引越しがあった。

 三軒茶屋という街に数えてみれば12年住んで、

 相変わらず大好きな街だし、越す理由はなかったんだが、

 「変化」が欲しくなった

 変化を手に入れるのに一番簡単な方法は、住む街を変えることだ。

 本当はもっともっともっと遠い街に住みたい欲求にかられていたが、

 いろいろな理由に助けられて、邪魔をされて、少しだけ離れた街に越した。

 引っ越して3ヶ月も経つというのに、相変わらずダンボールだらけで、片付く素振りはまったくない。

 こういう時にある日帰ってきたら綺麗さっぱり片付いている。

 なんて日があってもいいだろう。と思ってもみるが、

 ずっと一人っ子の僕はおそらく、

 自分で片付けないと気が済まないのだろう。

 厄介な性格。

 でも親に罪はない。

 都心部に出るのが少しだけわずらわしくなった分

 メリットもあるのだろうと探してみると

 多摩川の花火がもしかしたらうちから見えるかもしれない

 と思いついた。

 うちから花火が見えるなんて、147個あるうちでも、29番目くらいに叶えたい小さな夢の一つだった。

 それに気付いた時、僕は小躍りしたらしい。

 昨日いざその日になった。

 ビアを買い込み、ベランダに香取線香を炊いて、

 その時を待った。

 どーーーーーーーん!!!!

 始まった。

 まったく、、、、、、、、

 、、、、、、、、、、、、

 、、、、、、、、、、、、

 見えない。

 、、、、、、、、、、、、

 苦笑いして、ビアを飲む。

 、、、、、、、、、、、、

 20分ほどした時、今までで一番大きな花火が上がって、

 丸い円の半分くらいが見えた。

 、、、、、、、、、、、、

 そしてまたほとんどの花火は音だけが聴こえ続けた。

 人生みたいだなって思った

 毎回すべてが 美しく見えるもんじゃない

 不意に何発かに一回

 大きな大きな花火が上がって、

 それはそれは美しかった。



 新しい街へようこそ。

 どうぞよろしくお願いします。

 写真 (13)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

幻日

 昨晩、2ヶ月ぶりのblogを書いたと思ったら2日連続更新っ!

 どうだ~?僕の動きはまったく読めないだろう?

 ハチの様に舞い、蝶の様に刺したりするぜー

 酔拳だと思わせてホントに酔っ払っていたりするぜー

 でも今日のお知らせは耳をマギー司郎より大きくして聞いて欲しい。

 はい、スマホのスケジュール帳を立ち上げて、

 へーあいつの誕生日もうすぐだー

 ではなく、、、

 あれ?歯医者の予約この時間だっけ?

 でもなく、、、

 来たる

 10/11(金)

 僕のリーダーバンド"tsukuyomi"ついに初ワンマンを開催決定!!

yozo eko2
 
 昨年一年を通して、音と光と料理の宴「踊られる音」を主催して来ましたが、12月以来10ヶ月ぶり、今年初めての"tsukuyomi"は初めてのワンマンでたっぷり演奏させて頂こうと思います。

 ワンマンliveのタイトルは「幻日」

 「げんじつ」と読みます。

 耳慣れない言葉かと思いますが、大気光学現象の一種で、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える状態。

 つまり太陽の隣に、まるで太陽のような光、幻の太陽が現れる状態を言います。

 これは"tsukuyomi"で僕が表現したい世界の一つの象徴。

 この言葉、世界観を想像した時、"tsukuyomi"のliveに来たことがある方なら、僕らの背後に大きく映し出される、この世のものとも思えない美しくも恐ろしい映像を思い浮かべる事でしょう。 

 そう、VJにはもはや欠かせない存在。今ここにある空間を幻想的な異空間に一瞬で変えてしまう助川貞義(OVERHEADS)

 377650_113844585464297_389632706_n.jpg

 いつもの強力メンバー勢ぞろい

 丸山力巨 (gt、from soothe) 
 梅田誠志 (ba、from THE SOUL KLAXON) 
 清野雄翔 (key、from harmonic hammock) 
 只熊良介 (ds、from chocolatre) 
 ウーキエ 禹貴惠 (vln、from harmonic hammock) 
 村瀬 “Chang-woo” 弘晶 (per、from 仙波清彦&カルガモーズ etc) 


 今回のfeaturing voiceは

 ミズノミカ(from みかとやす)が登場。

 e0cd631688fcbd6b3a6fbadb473a8744.jpg

 今年の6/29に渾身の最新作「これを、愛という」をリリースした京都のDUO みかとやす。

 料理はもちろんソウダルア

 写真261

 "tsukuyomi"のしらべからインスパイアされた独創的な料理をご用意。liveハウスの域を越えたその特別メニューは毎回完売。

 聴覚・視覚・味覚、そのすべてで堪能する、音楽にとりつかれた大人たちのための夜。

 此処にしかない時間。


 たっぷり演ります。

 ぜひ聴きにいらして下さい。


 10/11(金)

 ~幻日~

 "tsukuyomi" (庸蔵's band style)

 the 1st One Man Show



 【member】

 庸蔵 (sax)
 丸山力巨 (gt) 
 梅田誠志 (ba) 
 清野雄翔 (key) 
 只熊良介 (ds) 
 禹貴惠 (vln) 
 村瀬 "Chang-woo" 弘晶 (per)

 featuring voice ミズノミカ(from みかとやす)

 【VJ/Lighting】

 助川貞義 (from OVERHEADS)

 【Food&Drink】

 ソウダルア

 @南青山・月見ル君想フ

 op 19:00 / st 20:00

 adv 3000 / door 3500(各+1D 500)


 ※ご予約は8/18より開始!!コチラよりどうぞ。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

二人

 やだ、このblogの人ったら2ヶ月もblog更新サボったらしいわよ!

 えーそんなのblogって言わないじゃない~

 そーよー告知とかする気あるのかしらね?

 ホントよーsax吹いてりゃイイってもんじゃないわよー。

 ホントよーーーーーーーーー

 -------------

 -------

 ----

 って夢で起きた今朝。

 どんな正夢だと思いながら。

 会話をしてた二人は知らない人でいわゆる主婦の会話って感じで、遠目に僕は少し煙たがられるような顔をされて。。。

 あの二人は誰だったのか、会ったことのある人たちか、これからどこかで会う人たちか、、、

 そんなわけで、僕は今2ヶ月ぶりにこれを書いている。

 この2ヶ月にたくさんの事があり、もはやどれを書いてもいいのだが、、、

 それはつまりどれを書けばいいのかわからない、ということと同じで。

 ならばタイムリーな事でも。

 本日ついに、

 ソプラノサックスを購入!!

 写真 (12)

 わぉ。新しい楽器は子供みたいに嬉しい。

 今まで、特に最近、ソプラノでの演奏を頼まれる事が多く、

 いや持ってないってば!って答えてたんだけど、 

 ついに買いました。しばらくするとコントロールできるようになるでしょう。

 そしたらみなさん、liveサポート、レコーディングどしどし誘って下さいね!!

 ソプラノってアルトより小さいのにアルトより高いのよー(値段が!!)笑

 そんなわけで8月のスケジュールはupすら忘れていました(苦笑)が、今後の動きをup!!


 9/1(日)サカノウエヨースケ

 島フェス 2013

 @香川県・小豆島

 op 10:00 / st 10:30


     BQQ8MegCUAA2HAR.jpg

 豪華ラインナップで8/31から二日間でお送りするご存知、島フェス。二日目にヨースケ&スパスパのみんなと乗り込みます。奇妙例太郎くんやNabowaや、なんと高木ブーさんも出演する見逃せない日だよwww


 9/15(日)Rickie-G

 湯沢リバーサイドジャム2013

 @新潟県・越後湯沢


 main_l.png

 Rickieのバンドセットで新潟県の野外フェスへ。こちらもcoolなラインナップに、なんと入場無料。温泉がてら来ちゃって下さい♪

 
 9/28~29(土・日)

 yozo × CHAN-MIKA × yozo

 BENCY CAMP × Mayim Mayim presents 『Open Air Party』

 @神奈川県・西丹沢キャンプ場


     main.jpg

 チャンミカと、Rickie-Gバンドでもお馴染みナイスギタリストのyozoと俺というレア編成で出動します!

 このイベントは渋谷のカフェ”benci”の三田シェフが腕を振るうアウトドアディナーと、音楽(liveあり、DJあり)をナイスロケーションと評判の丹沢キャンプ場で翌日の朝までみんなで楽しもうっていう素敵イベント。

 liveは俺たちの他に、B:RIDGE styleのメンバーを中心とした新ユニット DOTCHMO acoustic ORCHESTRA、千尋、星子健太郎 etc...(敬称略)

 チケットが8000円とやや高めだけど、その中に絶品ディナーと休憩所の利用が含まれます。

 つまり手ぶらで着てくれたら、音楽とゴハンと休憩所があるよって事です。都内から車で90分!電車でもアクセス可能。野外イベントをより気軽に楽しめたら、というコンセプト。ぜひ遊びに来て。飲み明かしましょう!

 写真 (3)
プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。