スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い月の下で

 いろいろなことが運命的に絡まり合った夜。

 それはこの日が来る前からわかっていた。

 12月も半分以上が過ぎたある日、小林亮三から連絡があった。

 来年は東京でも歌いたい。

 ついにこの日が来たか。

 亮三が東京に帰って来る。

 僕と亮三は普段から連絡を取り合っているわけではない。

 でもなんだか、ターニングポイントというか、ココという時に連絡が来るし、連絡をするらしい。

 そして、なぜかお互いの環境や心境がなんとなくわかってしまう。別に詳しい話をしなくとも。

 亮三はミュージシャンネームを波音(なみおと)とした。

 波音のliveは1/13、月見ル君想フに決まった。

 亮三と僕と月見ルもなんだか不思議な縁で結ばれているもんだなぁ。

 亮三はこの一年、水面下で一緒に新しい音を作って来たピアニストのアベちゃんと、そして当初は庸蔵くんも入ってはどうか?と言ってくれた。

 僕はとても嬉しい気持ちで、少しだけ考えて、今回はまだ、とお断りをした。

 理由は久々の彼の歌を客席で、純粋なリスナーとして聴きたかったから。

 ココからは裏話だけど、笑

 僕は偶然その日の出演者であった友人のユラリちゃんに連絡をして、もしよかったら僕を加えてくれないか?とお願いした。

 とてもありがたい事に、ユラリちゃんは大歓迎で迎えてくれた。

 ユラリちゃんとは何度か共演させてもらっていて、彼女のプロデューサー兼バンドメンバーである朝本浩史さんは僕のヒーローだ。

 なんだか1/13がとても特別な夜に変わっていった。

 僕自身も今年の吹き始めとなる大事なliveであり、憧れの朝本さんとの共演であり、亮三の久々の東京凱旋であり、そしてさらに、

 同じく出演者で札幌を拠点に活動していらっしゃるSE-NOのゲストとして、玉城ちはるさんも歌いに来ると言う。

 僕がこの日に保証できるのは、本編のクオリティと終演後のカオスだけだ。

 玉城ちはるは相変わらず存在感抜群のオーラを発しながら、美しくステージを舞う。

 写真 (3)

 僕はユラリちゃんのcuteでcoolな歌声と朝本浩史ワールドの中で、

 写真

 その世界に可能なかぎり溶け込むように努め続けた。

 写真 (1)

 そしてあの男は圧巻だった。

 不器用としかいいようのない、まっすぐな男が、

 例えばものすごく大きな会場でも、例えばものすごく膨大なliveをこなしてきたのに、

 とても緊張しながら、一生懸命に歌っている。

 あんなに一生懸命歌う奴、見たことない。

 とんでもない歌だった。

 あんな歌はあいつにしか歌えない。

 昨日あの場にいた人にしかわからない。

 言葉で表現できないもの。

 写真212

 おかえり、亮三。素晴らしいよ、波音。

 ユラリちゃんのお客様にもsaxの入った編成はとても好評頂けたようで、

 とても嬉しい。

 ユラリちゃんありがとう。ぜひまた一緒に演奏しましょう。

 写真 (2)

 学生の頃にただ憧れだった、朝本浩史さんと共演できて、またやろうと言って頂いて、

 幸せ。

 写真213

 こんな夜は、

 終わらなくていいよ。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

エバラ健太東京ワンマン決定!!

 みなさまこんばんは。

 年末に僕も参加させてもらった大阪、そして名古屋に続き、健太の東京ワンマンが決定!!
 
 そして名古屋をお休みした僕も東京でまた参加させて頂きます。

 このツアーはエバラ健太渾身のアルバム『WORLD』のリリースツアー。

 WORLD.jpg

 今回のアルバムはエバラ健太の異色作にして代表作。

 聴いた時にエバラ健太がここまで”拡大”したのか、と思わせる作品。一つのアルバムに収まりきらないほど多様な色合いを見せる健太の世界が広がっている。

 アマゾンでの販売も始まっているそう。

 こちらは本人からのコメント。



 東京の会場は、僕もずっと気になっていた場所。

 小さな小さな、なのにスケジュールを見てもらえれば素敵なラインナップが並ぶことでもわかるように、音楽が鳴らされる空間を大事にしている場所、下北沢lete。

 お店のHPからもその素敵な雰囲気が伝わって来る。

 その日の僕は、小さな小さな、呼吸のようなsaxを吹こうと思います。 

 20名様限定で、leteでのみ予約を受け付けています。

 コチラ
からお早めにどうぞ。

 1月30日(水)

 エバラ健太 Concert Tour 2012-2013 Jangling Jamboree in 東京

 special guest:庸蔵(sax)

 @下北沢lete

 open 19:00 / start 20:00

 adv ¥2,300 + drink / door ¥2,600 + drink


 写真209

 見よっ!この健太の気合をっ!!笑
 

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

白い月

 yurari2.jpg
 
 ユラリ

 幼い頃から絵を描く事や、服、もの作り、染色を趣味とする。2003年に大阪で "音楽の中にある心の世界"をテーマに「Bahashishi」結成。バンド名はスワヒリ語で「こころ」。2006年5月 アミューズ「Aer-born」レーベル第一弾アーティストとしてアルバム「心の世界」をリリース。2007年「カレイドスコープ」「 COLOR of LIFE」2009年「シン」「ルミネセンス」をリリース。2011年4月 Bahashishi 休止、プロデューサー朝本浩文氏とソロ活動を開始。



 僕は以前から朝本浩史さんの大ファンでありますが、その朝本さんがその才能を絶賛するユラリちゃん。僕も納得。中身はとても情熱的なんだけど、彼女の歌声とステージングにはcoolがつきまとう。

 何度かいろいろな場所で一緒に演奏させて頂きましたが、ユラリバンドにがっつり入ってご一緒するのは初めて。朝本さんの、これまたcoolとしかいいようのないトラックに乗せて演奏できるのは楽しみでなりません。

 そしてこれが僕の2013年吹き始め!!

 今回の僕のテーマは、機械のようにsaxを吹く。細部まで寸分違わず僕のカタチをしたsaxを吹くロボットがそこにいて、それを遠隔操作で動かす。ような感じで吹く。こと。

 そして、この日、あの男がtokyoに帰って来る。

 僕の大好きなシンガー、

 小林亮三

 ryozo2.jpg

 アーティスト名を「波音」(なみおと)として、東京では初のliveになるかと。彼の新しい世界、堪能しよう。

 俺ずっと、亮三の歌が聴きたかったんだよね。

 楽しみの多過ぎる夜。

 迷ってるなら、おいでよね。 

 1/13(日)

 「白い月」

 ユラリ

 with 波音(小林亮三) / SE-NO / analog set

 @青山・月見ル君想フ

 open 18:30 / start 19:00

 前売り 2,300 / 当日 2,800(+1d \500)


 写真208

 波音は20:30頃~、ユラリは21:20頃~、だと思うよ。

 終わったら乾杯だね。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

エバラ健太大阪初ワンマンと18日前

 みなさまこんばんは。もしくはおはようございます。

 今宵も元気にタイムスリップ!

 今日のお話は18日前、昨年の12/22にさかのぼります。

 クリスマスにソワソワしていた大阪は心斎橋の夜のお話。

 エバラ健太がついに新アルバム『WORLD』を完成させて、大阪での初ワンマンに挑んだ夜。

 写真207

 僕は幸運にも健太の東京、というかたしか彼の人生初ワンマンにもお誘い頂いた上に、今回は僕の地元である大阪で実は僕にとっても初liveで感慨深い。場所は心斎橋のクラブ・ジャングル。

 写真204

 サウンドチェックを終えた僕らは大事な腹ごしらえ。

 せっかくの食い倒れの街・大阪、旨~い店に行きたい。

 ん?どっかで聞いたパターン?

 ジャングルのスタッフさんに聞いてみると、オススメのつけ麺屋があるという。

 濃厚煮干しつけ麺「二代目みさわ」

 写真205

 前回からグルメblogと化した本blog。
 
 ん~美味い!健太も舌鼓を打つ!

 写真206

 健太の右肩には映ってはいけない、、、いえいえ、その日から新しいニックネームがついた、その名も『沈黙さん』!!

 お腹も満たした僕らは会場へ戻る。

 健太は準備へ、2部から登場の僕は初めての店内を探検!

 写真201

 出た!!!大阪はキャンディのことは「あめちゃん」!!!

 そして、、、

 写真198

 こんな立派なポップを作っている時点で絶対に「本日限定」ではない!!!さすが大阪。笑

 そうこうしているうちに、

 写真202

 健太は快調に飛ばす。

 終演後は3人で1枚。

 写真203

 僕は店の何かが気になったのか横向いているではないか。。。不覚。。。

 おかげさまでliveは好評だったようで、『WORLD』を求めて健太の周りに大阪エバラーの長蛇の列。

 東京生まれ東京育ちの健太が大阪でとても受け入れられている。嬉しい。

 大阪と東京は相反する街のように比較されるが、大阪の商人気質と江戸っ子の気質は実は良く似ていて、ウマが合う。

 お客様やお店の方、そしてたくさん来てくれた僕の地元の友人たちに感謝を告げて、僕らは心斎橋の夜へ。

 写真200

 クリスマス時期に大阪にいるのは、実に15年ぶりくらい。変な感じ。

 心斎橋の夜はなぜかサンタコスプレの女性ばかりだった。

 また健太と大阪で演奏できたらいいな。

 僕の故郷、大阪ありがとう!!

 写真199

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

月に輝くmaaayoと15日前

 みなさまこんばんは。ただ今気温1度の東京砂漠、いかがお過ごしでしょうか?

 今年もお年玉をもらい損ねた僕は、昨年後半blogを全力でサボタージュしたのでその遅れを取り戻すべく、新年早々得意の時系列逆転blogを全力で展開する所存です。

 今からおよそ15日前、昨年の12/23日、僕は大阪にいた。

 SSW界隈でその名をよく耳にしていた南堀江knaveにて、maaayoちゃんのステージにゲスト出演させて頂くため。
 
 写真186

 そのメンバーがなんと、、、

 ハローバイ○イの関さんとカミナリ様!!

 写真193

 ではございません!!

 ガットギター丸山力巨、キーボード清野雄翔

 そう、僕のバンド"tsukuyomi"のメンバーでもある2人と大阪で演奏できるなんて。

 maaayo × "ちょっとtsukuyomi" といったところ。

 現場でのサウンドチェックの後は腹ごしらえ。

 ココで何を食べたかで清野くんのプレイの質が変わって来ます。笑

 せっかくの食い倒れの街・大阪、旨~い店に行きたい。

 knaveのスタッフさんに聞いてみると、なんとびっくりすぐそこに「北極星」があるという。

 いまやみんな大好きオムライス!のなんと発祥の店、と言われる老舗の名店。名前だけは知っていたものの、ここにあったんだ、という驚きと喜び。オムライスの神さま「御無来主」に感謝。

 写真191

 「味に輝く北極星」☆

 写真187
 
 やって来ましたオムライス。

 写真188

 もちろんケチャップもタダモノではない!

 写真185

 もはやliveレポならぬ、ご当地グルメレポと化したこのblog。

 、、、

 戻そう、音楽の話に。。。

 僕は後半からの出番だったので、まずは客席から堪能。

 写真189

 maaayoちゃんの歌声は本当に力強くて素晴らしく、ありがたいことにliveはご好評頂けました。

 終演後、本日のメンバーで1枚。 

 写真190

 maaayoちゃんの仲間もたくさん駆けつけ、、、

 (※プライバシー保護のため、後ろの男性以外は全員maaayoちゃんの顔に変えてあります。あしからず。笑)

 写真194

 ちなみにメンバーを全員清野くんにすると、

 写真195

 、、、、、

 恐っ。。。

 イベント終了後はknaveの店長代理・内田さんに近くのイイ感じのおでん屋に連れていって頂き、 

 写真192

 終電ギリギリにみんなで店を出たら、みんなで終電乗り遅れましたとさ。爆笑

 そんな大阪は堀江の夜。 

 さて、そのmaaayo、今月はなんと東京にてワンマンlive!!

 「月に輝くmaaayo」☆

 その姿を見においでよ。

 1/27(日)

 【 maaayo 〔 born 〕 Release Tour – Final – 】

 @青山・月見ル君想フ

 開場 18:00 / 開演 19:00

 前売り(予約) 3,000 / 当日 3,500 (各+1Drink 500)

 学割Discount(高校生・大学生) 2,000 (+1Drink 500) ※要学生証

 中学生以下 無料


 maaayo0127.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

未知との遭遇

 これでもいろ~んな楽器とsessionしてきたつもり。

 saxなんてどこにでも飛び入りできるからさ。

 楽器じゃなくたって、タップダンサーやベリーダンサーとも!!

 それでも去年の最後の演奏はおかしなsessionだった。

 ギターの伊原アニキって、簡単に言うとギターが超絶に巧いヤクザなんだけど、彼主催のsessionパーティー。

 そこで、、、

 未知との遭遇、、、

 阿波踊り。笑

 合ってるか合ってないか、なんて神さまだけが知っている。

 写真179

 友人Y子の阿波踊りはガチ。

 写真180

 ほら、ステップが違うだろ?

 写真181

 ほら、指先が違うだろ?

 北斗の拳みたい!!

 ”本物”は何だっていいぜ。

 アニキと2人でキーボードのMOKO-Tの鼻の穴にタバコをつめようとしたけど、

 写真178

 良い子はマネしちゃいけないぜっ!!

 鼻の穴が3つになるぜっ!!


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

クルトン

 元旦の早朝7時台、僕は玉川の河川敷をバイクで走っていた。

 走る車の数は少なく、バイクが走っているのか地球が回っているのかよくわからなくなる。

 どちらも正解。答えのない疑問。

 みなさんもご存じの通り快晴。ジョギングしている方は多く、元旦の朝から精が出るなぁ、いや逆か、元旦だからこそ走りたくなるのかと考えては、答えは本人それぞれにしかわからない、と思い直した。

 誰に聴いても恐ろしく評判の良いOvallの1stを聴きながら。

 最近、自分のi phoneにはとにかく夜に合う音楽しか入っていない事に気付いた。

 こういう気持ち良い太陽を浴びながら聴きたくなる音楽。

 早急に探さないと昼間はOvallにお世話になりっぱなしだ。

 昔は玉川沿いから富士山が見えたはずだが、今はどうなんだろう。

 気温は随分冷え込んでいた。246を飛ばしている間に、うちに帰ったら温かいものを飲むことにしようと決めた。

 コーンポタージュスープがいい。ちょうど先日買ったばかり。

 そうしたら急にアレが欲しくなった。

 そうアレ。

 ファミレスなんかでコーンポタージュスープをオーダーすると必ず入って来るアレ、カリカリに焼いたトーストをサイコロ状に切ったアレ。

 名前なんてあるのか。

 どうしてもアレが食べたい。アレ入りのコーンポタージュスープでしか今の僕の欲望は満たせない。人間はわがままな生き物だ。

 うちに近くなったところで、元旦の早朝から開いているスーパーを見つけ中に入った。

 やはり元旦の早朝から働いている精の出るオバチャンがいて、

 なんだかこちらが申し訳ない気持ちになってしまった。

 オバチャン、元旦の朝くらい家族で過ごしたかっただろうに。

 昼過ぎには上がりになるのだろうが、こうやって僕のように元旦のこんな時間から来る客がいるから誰かが働かなくてはならないのか。

 帰ろうか。

 いや、開いている店に僕が入ったのだ。

 僕が来ようが来まいがこのスーパーは開いていた。それならば何か買ってあげる方がいいに決まっている。

 そうするとこの時間にも客が来る事になり、また来年もお店は開けることになり、このオバチャンは元旦の早朝から働くことになるのか。

 これもまた答えのない疑問。

 さて、僕は名前もわからない商品を探し始めた。
 
 パンのコーナーに行ったが、美味しそうなチョコメロンパンに見とれただけで手掛かりはない。

 元旦早々すぐにあきらめた。

 そうだ、さっきのオバチャンに聞いてみよう。

 豆腐コーナーで豆腐を並べているオバチャンに、この難題が解けるのだろうか。。。

 「あのぅ、明けましておめでとうございます。」

 「いらっしゃいませ。明けましておめでとうございます。」

 「探している商品があるのですが、名前がわからなくて、、、」

 「どんなものでしょうか?」

 「コーンポタ、」

 「クルトンッッッ!!!」

 オバチャンの抜けの良い声が人もまばらなスーパー中を駆け巡った。

 早っ。。。

 コーンポタージュのジュさえ言わせてもらえなかった。

 まるで早押しクイズのような、しかも終盤に近付いて何週も勝ち続けていたグランドチャンピオンが、ついに出くわした最強の新人を相手にするかのような集中力で。

 完全に食い気味に、 

 「クルトンッッッ!!!」

 残念な事は、僕には答えがわからない、ということだ。

 児玉清のようにすかさず

 「正解っっっ!!!」

 と言ってあげられない。

 「さぁ何番に飛び込む?」

 と聞いてあげられない。

 ふがいない自分を呪った。

 ゴメンよオバチャン。

 大正解だよ。

 クルトンだよ。

 あなたの優勝だ。

 ありがとう。

 クルトン。

 いや、

 オバチャン。

 来年はそう簡単には行かないよ。

 いや、

 来年は働かずにうちでゆっくりしてよ、

 オバチャン。


 写真177

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。