スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風まかせ

 みなさまこんばんは。

 いつも数日、いや時に数週間ずれたblogを書いているので、たまにはタイムリーなこと書きますとも。

 今日の出来事を書くなんて、blogがんばってるアイドルや女性SSWみたい!


 今日わぁ(*≧ω≦)♪


 違うか。。。


 今日はね、あるロケハンのため丸ノ内へ。

 写真17
 
 事務所とかそういった類のものに入っていない僕はすべてのことを自分自身でやる。

 もし入っていたとしても人に任せられない性格だから、さほどの違いはないと思う。

 写真19

 誰かを誘って行こうと思ったんだが、急に今日思い立ったから一人で行って来た。

 以前からそうだけど、最近はさらに自分の行動をその日の気分に任せるようになった。

 20代の頃は30歳を過ぎたら大人になるのかと思っていたけれど、子供の頃に感覚に戻って行ってるような、不思議なもんだ。

 外を見てたら気持ち良さそうだから、外に遊びに行く。

 写真21

 その時と今の違いはそこにビアがあったり、財布に一万円くらいは入っていたり、それくらい。

 写真18

 丸ノ内。いつしか僕の中で特別になった街。

 東京駅はやはり美しい。

 1914年竣工。現在は修復された形。

 写真14

 街の中のあらゆるパーツがでかい。そして道が広い。

 僕らが小さく感じる。

 ゲームのボードの上にいるかのような錯覚に陥る。

 実際のところ、それが錯覚はどうかは誰にもわからない。

 写真21

 半分はつねに虚像。実物の作りだした己の虚像。虚像を含めて初めて実像たる。万物これに同じ。

 写真16

 今日のロケハンでとても美しい建物に出逢った。

 そこを撮影していいかはまだわからないが、とにかく出逢った。

 撮影して載せられたらいいね。


 そういえば昨日前、"tsukuyomi"(庸蔵's band style)の前回6/29に行った最新liveの音源を3曲upしました。

 新曲「星降る夜に」はもちろん、「星になまえを」と「no moon(仮タイトル)」のフルヴァージョンは初公開。期間限定のupになります。ぜひ聴いて頂きたい。コチラからどうぞ。

 liveなので高音質ではないし、ちょっとしたミスもあるけれど、そのままにしてあります。だってそれがliveだから。


 さて、今度はどこに散歩に行こう。

 写真15

 “音楽にとりつかれた大人たちへ”

 聴覚・視覚・味覚、そのすべてで堪能する、音楽にとりつかれた大人たちのための夜
 
  8/12(日)

 「踊られる音」 ~第4夜~



 【出演】


 "tsukuyomi"(庸蔵's band style)

 CHIO ALLIN

 蒸気青月楽団


 opening act:花掘レ


 【Lighting】 Meg(OVERHEADS)

 【Food&Drink】 ソウダ ルア


 【場所】 青山・月見ル君想フ 

 【時間】 open 18:00 / start 18:30

 【料金】 前売り 3,000 / 当日 3,500(+1d 500)円


 【予約】 ご予約は月見ル君想フHPより

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

月に踊った夜

 みなさまこんばんは。

 先週はほしばかなえバンド、月見ルは4月のレコ発以来。

 お越し頂いた方々、ありがとうございました。

 ほしばかなえ5(ファイブ)!!

 写真6

 共演者も友人ばかりで盛り上がった夜。

 ちょっと意外な組み合わせだったかもしれない。

 でもこの日に聴きに来て下さった方々にはわかると思う。

 "pops"というものをいろんな角度から解釈して、それぞれのやり方で創造する。そういうラインナップ。

 "pops"と呼ばれる音楽のふところの深さと色彩の妙が伝われば嬉しい。

 演奏は、それぞれが"らしさ"を発揮した充実した内容。

 トップバッターはharmonic hanmock。

 僕のユニット"tsukuyomi"でもいつも素晴らしいプレイをしてくれるkey清野雄翔率いる、ハイクオリティなpopsバンド。vlはウーキエ。

 写真9

 雄翔の書く繊細で緻密な楽曲の中で、各プレイヤーが音を綴り、重ねていく。曲をじっくりと聴く度に雄翔の才能に驚かされる。

 2番目は、日付が変わってちょうど本日、めでたくメジャーリリースとなった佐伯ユウスケ。

 写真11

 ん?・・・

 何が起こったかは当日その場にいた僕らだけの秘密。笑

 とりあえずおめでとう!!ってことで♪

 3番目は、ほしばかなえバンド。

 写真8

 おかげさまで、4/25に発売したミニアルバム『Life is smile』は好評頂いて、最初にプレスした分はもうすぐ完売するとのこと。ほしばかなえlive会場か、本人のblogから通販で買えます。

 4番手、最後に登場したのが、やっと会えた!久々の再会。

 Mr.ファンキーピアノマン ミトカツユキ!
 
 写真13

 相変わらずすごいキレ。一人でどうしてこんなにグルーヴできるのか?

 再会を祝して、1曲飛び入り!!

 写真7

 ミトカツユキとのDUOはスリリングこの上なかった。

 写真10

 タイマンで正々堂々と正面から打ち合いましたとも。恐ろしく強かった。。。笑

 写真12

 最後に出演者全員で撮った写真から、この日のイベントの雰囲気が伝わると思う。

 写真4

 一言で言うと、、、とってもイイ夜だったんだ。

 考えてみれば"tsukuyomi"も5人揃ってた。

 写真5

 あと3人で"tsukuyomi"もできたが、それは8/12までとっておきましょう♪

 “音楽にとりつかれた大人たちへ”

 聴覚・視覚・味覚、そのすべてで堪能する、音楽にとりつかれた大人たちのための夜
 
  8/12(日)

 「踊られる音」 ~第4夜~


 【出演】


 "tsukuyomi"(庸蔵's band style)

 CHIO ALLIN

 蒸気青月楽団


 opening act:花掘レ


 【Lighting】 Meg(OVERHEADS)

 【Food&Drink】 ソウダ ルア


 【場所】 青山・月見ル君想フ 

 【時間】 open 18:00 / start 18:30

 【料金】 前売り 3,000 / 当日 3,500(+1d 500)円


 【予約】 ご予約は月見ル君想フHPより

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

"踊られる足音"

 梅雨明け。

 朝焼けと夕焼けがこの世のものとも思えぬ美しさを見せる季節。

 写真172

 蒸し暑さとともに、もうすぐ蝉の声が聴こえる。

 みなさまこんばんは。いかがお過ごしですか?

 先月末の「踊られる音」のイメージが脳裏に濃厚に焼き付き過ぎて、なかなか時間が前に進まなかったのだが、気が付けばもう夏の足音。

 それはつまり次の「"踊られる足音"」が聞こえることを意味する。

 それは真夏の夜の祭典。

 今回の趣向はなんと、青山は月見ル君想フにグランドピアノを入れます。

 「青山ピアノナイト」と題して、清野雄翔が"tsukuyomi"でグランドピアノを弾くのは初めてのこと。そして今後当分はないでしょう。

 どんな色彩となるか、僕が一番楽しみにしているかもしれない。

 そして、そんなピアノナイトにふさわしい共演者をご紹介しましょう。

 【Live】

 CHIO ALLIN

 写真130

 チオ・アリン・・・東京生まれ、バルセロナ在住。「国立音楽大学」卒業後、「キューバ国立芸術大学」に留学。クラシック、ジャズ、ロック、アフロ・キューバンと多彩な音楽を探求したうえに、コンテンポラリーなピアノと深い叙情を湛えた歌で、新しいスタイルを創造する。2009年に発表したデビュー作『ニワニワ』(MUSIC CAMP, Inc)は、音楽誌などで大きな話題になった。現在はスペイン、バルセロナにある「リセウ音楽学院」でピアノと作曲を学びながら、コンサートやサーカスでの演奏など多彩でユニークな活動を行っている。日本での公演も含めて注目を受けている。

 

Chio Allin video de promoción from Diethild Meier on Vimeo.



 チオとは数年前に違った形で共演して以来の友人。才能と閃きのかたまり、そして確かな技術。もしチオを聴いたことがない方がいたら、それはとてももったいない。本当に聴いて欲しいミュージシャンの一人。

 写真173

 そして、今、最注目されているOpen Reel Ensembleと同じメンバーで構成されるもう一つの注目ユニット。

 蒸気青月楽団

 写真175

 生楽器と電子楽器による音団。蒸気フィルムで撮った映画に音楽をつける。

 07年結成。昨年11月よりOpen Reel Ensembleのメンバー佐藤公俊を加え、現在のメンバーとなる。毎回ピアノやチェロなどサポートミュージシャンを招き、編成にとらわれることなく音楽を発信するプロジェクト。地球の外側から飛んでくるオプラパスカルの電波をキャッチして独自に消化吸収することでメロディーに変換。民族楽器や浮揚感のあるメロディーで観客の脳内スクリーンに物語を映写する。

 

 そしてもちろん、

  "tsukuyomi"(庸蔵's band style)

 007.jpg

 菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事し、Shing02、朝本浩文、小林亮三(cune)、榎本くるみ、cana(sotte bosse)との共演などジャンルレスに吹き抜けるsax奏者、庸蔵が2011年10月に始動させた新ユニット。独特としかいいようのない世界観で、sax、vln、per、ds、ガットギター、アコースティックベース、key、voiceのアコースティックな8音が即興と組織されたアンサンブルを自在に行き来する。

 今回のメンバーは、丸山力巨(g)、梅田誠志(b)、清野雄翔(key、from harmonic hanmock)、インラン(per)、只熊良介(ds)、ほしばかなえ(vo)、禹貴惠(vl、from harmonic hanmock)の8名。その夜だけの音物語を綴る。


 この3組に加えて今回はオープニングアクトが入る豪華版。蒸気青月楽団のメンバーでもある吉田3兄弟から構成される

 opening act:花掘レ

 写真177

 さらに前回、VJで会場を感動に包みこんだライティングチーム「OVERHEADS」から、今回はこの人が登場。

 【VJ】 Meg(OVERHEADS)

 写真176

 映像作家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、VJ、ライトショウチーム、『OVERHEADS』に所属。VJ担当。大きなフェスティバルから地元のお祭りまで様々な場所で主にライブやセッションのVJをこなす。PVなどの動画制作からCGや印刷物、CDジャケットからフライヤーまで幅広く活動中。


 そしてお馴染み、

 【Food&Drink】 ソウダ ルア

 o0480048011899283040.jpg

 1980年大阪市中央区生まれ。作家の父、スタイリストの母のもと世界の文学やアート、食に触れる。95年、母親のフードコーディネイター転向に伴い料理の世界へ。大阪、京都でカフェ、レストランのプロデュースを経て02年に活動拠点を東京へ移し、代官山signや渋谷Bar pianoのコーディネートをする傍ら、HP FranceやRESTIRのパーティケータリングを手掛ける。08年、渋谷にて新たに現代のサロンとしてsocietaを開く、アーティスト、写真家、音楽家 作家とのコラボレイトパーティや顧客とのオーダーメイドで作り上げる料理やハーブ、スパイスなどを用いたカクテルを数多く編み出す。11年、震災を期によりひろく料理を通じて人と交わる思いと共に個人ユニット(食)ソウダルアとして活動開始。“美味しいには国境も人種もない” “いくらからでも、どこにでも”を基本理念に、音楽家との共演、バーやカフェでのメニューづくり、食文化の発展に寄与する活動を行う。


 まさにこれ以上ない盛りだくさんのコンテンツ。

 僕がご用意できるすべてを結集させた、真夏の夜の祭典。

 心よりお待ちしております。

 “音楽にとりつかれた大人たちへ”

 聴覚・視覚・味覚、そのすべてで堪能する、音楽にとりつかれた大人たちのための夜
 
  8/12(日)

 「踊られる音」 ~第4夜~



 【出演】


 "tsukuyomi"(庸蔵's band style)

 CHIO ALLIN

 蒸気青月楽団


 opening act:花掘レ


 【Lighting】 Meg(OVERHEADS)

 【Food&Drink】 ソウダ ルア


 【場所】 青山・月見ル君想フ 

 【時間】 open 18:00 / start 18:30

 【料金】 前売り 3,000 / 当日 3,500(+1d 500)円


 【予約】 ご予約は月見ル君想フHPより

 写真174

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

月に踊れば

 今年の七夕は、

 三茶のはずれにあるとあるバーでの演奏だった。

 写真162

 名前をrippleといい、今月15日にcloseするそうだ。

 とてもハイセンスなバーだった。

 写真164

 このイベントに誘ってくれたのはさいとうりょうじで、彼の新しいバンドの二度目のliveということだった。メンバーはシンガーソングライターKayoと、"tsukuyomi"でもお馴染のベース梅田誠志、Soup noteのds馬場智也。the soul klaxonと名付けたらしい。りょうじのギターが終始"歌って"いたよ。

 写真165

 スズケンはいつもすごい歌を歌う。

 写真161

 僕はユラリちゃんを誘った。ギターは伊原真一くんを、perにはインランを。

 写真163

 ユラリちゃんはとても感覚の鋭いシンガー、それでいてバランス感がいい、全体の音の中で瞬時に自分にふさわしい居場所を見つける。この感覚がないと良いsessionはできない。おかげでとても気持ち良い演奏だった。

 写真160

 実はスペシャルゲストに朝本浩史さんも参加して下さった。多忙につき、集合写真は撮れず残念。

 昨夜は、僕は出演はしなかったが、自分の好きなシンガーばかりを集めたイベントを制作した。

 榎本くるみちゃんと見田村千晴ちゃんの2ショットはなかなか貴重かも。

 写真165

 度肝を抜かれたのはキムウリョン。

 写真166

 本当にイイ歌を歌う。まったく飾らない振る舞い。とてつもなく気持ちいい空間を一瞬で作り出す。

 写真167

 ウリョン君に心からの拍手を。ありがとう。

 今日はほしば かなえバンドのリハーサル。

 写真171
 
 レコーディングメンバーが集まったのは久しぶり。

 写真170

 ほしばさん、、、ジェンベは叩くものですが???笑

 写真168

 好評発売中のアルバムのRECメンバーでの4月以来のliveは7/18(水)。

 共演はミトカツユキさん、佐伯ユウスケ、そして"tsukuyomi"でもお馴染みのkey清野雄翔、禹貴恵のメインバンド「harmonic hanmock」と友人ばかりの楽しみな夜。終わったら飲むしかないね。

 4組のカラフルな楽曲で音楽をいろんな角度から堪能できる夜。

 最初から最後まで聞くと、一つの物語のようになるでしょう。オススメします♪

7/18(水)

ほしば かなえ

「月に踊れば」

with ミトカツユキ / 佐伯ユウスケ / harmonic hanmock

@青山・月見ル君想フ

open 18:30 / start 19:00

adv 2,500 / door 3,000(+1d500)


ご予約は月見ルHPより

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

代官山の交差点

みなさんこんばんは。

8月、一つの挑戦をします。


「山羊に、聞く?」

というおかしな名前のカフェバー。

 写真(1)

代官山駅徒歩30秒。美味しい料理。liveもできる。ノンジャンルなイベントスペース。

僕もJazzなど、小編成かつアコースティックな演奏をする時に使ってきた、とても「イイ店」。


問題が一つだけ、、、

赤字経営。

立地が良過ぎる難しさ。代官山駅徒歩30秒という土地代の大きな壁。


青山にある「月見ル君想フ」。そして代官山にある「晴れたら空に豆まいて」、「山羊に、聞く?」。

この3つの店舗は姉妹店。


確かな時期はもう思い出すこともできないが、僕が最初に「晴れたら空に豆まいて」に出演を始めたのが、2007年頃か。

何度も出演していくうちに、なんだかスタッフ全員と仲良くなってしまい(笑)、気付いたら僕は制作という仕事を手伝わせて頂くことになっていた。具体的に言えば、ミュージシャンを集めてイベントを作る仕事。

それから数年、僕は「晴れたら空に豆まいて」「月見ル君想フ」「山羊に、聞く?」という場所を使って、とんでもない数の人であふれかえるイベントと、人影のまったく見えないイベントと、その真ん中に位置するありとあらゆるイベントを作らせてもらった。自分は出たり出なかったり、ね。


そして今年の夏がせまったある日のこと。


「月見ル君想フ」「晴れたら空に豆まいて」「山羊に、聞く?」

そのネーミングセンスだけで疑いようのない天才オーナーが、僕ともう一人の男を呼んで一つの命令をした。


「おもしろい店を作れ。そして、つぶすな。」


もう一人の名はさいとうりょうじ。


思い起こせば、二人でいろいろなことをやってきた。


誕生日でもないのに誕生日ワンマンをした夜。


「東京○化計画」という内容のまったく見えないタイトルをつけて、当日まで内容をまったく決めずに腕利きミュージシャンを集めたら、お客さんが100人来た夜。


たまにはただの飲み会をしようと仲間に声をかけたら、すんごいミュージシャンが集まってとんでもないsessionを繰り広げた夜。


みんなでチャリティがしたくて、昼から夜まで20組が出るイベントを企画したら、ちょっとしたフェスより豪華になってしまった夜。


さんざんしてきた悪ふざけという名の愛すべきイベントたち。


そして8月、


2人の過去最大の悪ふざけが始まる。


かくして、店長さいとうりょうじ、マネージャー庸蔵という新体制で一つの店が始まる。


今回ばかりはどうやらジョークではないらしい。


大丈夫か?大丈夫なのか???


それは、正直な話、、、


あなたたちしだい!!!笑


ミュージシャン・アーティストのみなさんとは、僕らとこのスペースを使って、どんなおもしろいことができるか話したい!

お客さんはいろんなイベントに遊びに来て欲しい。ちらっと寄ってくれるだけでも構わない。仕事帰りに一杯のみに来てくれるだけでも構わない。


多くの人が行き交う、代官山の交差点にしたい。


いろんな人たちが出会うことがすべての始まり。

いろいろな話しをしよう。

これからのことを。


僕らがこれからやるべきことは、心から楽しめる夜を一日でも増やすこと。

どうぞよろしく。

テーマ : ライフ
ジャンル : ライフ

踊られた夜のこと

 あの夜のことをどうやって言葉で伝えたらいいか。

 そう考えた僕はそれを一瞬であきらめた。

 まずは、あの日2人の友人が撮ってくれた写真を待つことにしよう。

 話はそれからだ。

 そして、今日届いた写真にはとんでもない世界が映っていた。


 まずは順を追って話そう。


 6/29(金) 「踊られる音」 第3夜

 
 このイベントは僕とliveハウスの「月見ル君想フ」が今年の1月から2~3ヶ月ごとに企画しているもので、僕のリーダーバンド"tsukuyomi"が素敵な2組を迎え、3マンで演奏するもの。

 今回はホテルニュートーキョーSOURと僕が大好きな最高のバンド2組が参加してくれた。

 19時にopenした会場はあれよあれよと埋まっていき、

 010.jpg

 気が付けば演奏前にたくさんの人で溢れ返った。

 005.jpg

 音楽だけでなく外部から敏腕料理人のソウダ ルアを招へいし、その日の出演者の音楽からインスパイアされた特別メニューを提供。結論から言えば、毎回のことなのだが、今回もこれらの料理は完売することになる。

 そして今回初めて、映像の面でも、最高のチームに来てもらった。

 「OVERHEADS」

 数々のフェスを幻想的に彩ってきた光・ライティングチーム。様々な技術・手法を持つ6名の映像アーティストから構成される。

 今回はその中でもリーダーである助川貞義さんが登場。 

 009.jpg

 初めてお会いしたが、"助さん"はその佇まいからしてまさに職人・アーティスト。

 助さんの手法はリキッド・ライティングと言って、液体を使って独特な光を生む。

 僕らが登場する前から助さんの描く光がステージを彩る。

 015.jpg

 20時過ぎ。僕らの演奏が始まった。

 016.jpg

 どうやら僕らは、想像を遥かに超える美しい光に包まれて演奏していたらしい。

 011.jpg
 
 "光の魔術師"は、月見ルの満月さえ、その魔法で自在に変貌させる。

 007.jpg

 045.jpg

 017.jpg

 046.jpg

  あまりの美しさに、僕はlive中でさえしばしば見とれた。

 048.jpg

 その美しい光に合わせて、メンバーがとんでもない演奏を繰り広げる。

 012.jpg

 013.jpg

 008.jpg

 006.jpg

 014.jpg

 もう笑うしかった。笑

 004.jpg

 自分のバンドですみませんが、つくづく思ったのです。

 "tsukuyomi"はいいバンドだ。

 素敵なメンバーばかりだから。

 今回のメンバーは、丸山力巨(g)、梅田誠志(b)、清野雄翔(key)、小川岳史(per)、髭白健(ds)、ほしばかなえ(vo)、禹貴惠(vl)

 今回の写真は多田夏樹くんと石川里美さんの2人によるもの。

 そして次回の"tsukuyomi"は8月。

 僕たちにどんな世界が描けるか。

 僕が一番楽しみです。


 8/12(日)  「踊られる音」 ~第4夜~


 【出演】

 "tsukuyomi"(庸蔵's band style)

 CHIO ALLIN

 蒸気青月楽団


 opening act:花掘レ


 【Lighting】 Meg(OVERHEADS)

 【Food&Drink】 ソウダ ルア


 【場所】 青山・月見ル君想フ 

 【時間】 open 18:00 / start 18:30

 【料金】 前売り 3,000 / 当日 3,500(+1d 500)円


 【予約】 ご予約は月見ル君想フHPより

 047.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。