スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな祭郎

 みなさまおひゃようございます。

 ここ数年、春間近って頃にどかんと来ますね。

 誰かがこそっとどこかで、ずっと溜めていたかのように、、、笑

 写真 (15)

 さて、2月はRECメインでliveを控えていましたが、3月はlive三昧!!

 まずはひな祭りに、男性シンガーJonのユニット"Japanese Connection"の一員としてワンマンlive!

 Jonはゴスペル出身のシンガー。まず歌が、、、上手い。笑

 ココで聴けるかな。

 そして熱い男。優しい男。MCがマジメ過ぎ。人の良さが出る。笑

 昨日のリハ風景。

 写真 (16)

 keyはmako-t。随分前に一度対バンしていたそうで、ちゃんと話すのは初めてだけど、共通の知り合いが多過ぎて、もはや友達。笑

 liveは2部制で、1部はJonの歌をしっとりと、僕らバンドは2部から登場。

 3部はひなあられの早食い大会。4部は全員参加の大かるた大会。5部は夜空に舞え、凧揚げフルマラソン。と内容充実!!

 ※3部~5部は主催者の都合により中止となりました。笑

 ひな祭りは三茶においでませ。

 3/3(土)

 Japanese Connectionワンマン

 「Connection7」

 @三軒茶屋Grapefruit Moon

 open 18:30 / start 19:00

 adv:2500 / day:3000 (+1ドリンクオーダー)


 【予約】前日3/1(金)23:59までに jon2theworld@gmail.com まで、カタカナフルネーム、人数、ご連絡先を添えてお送り下さい。

 IMG_0889_convert_20110926182705.jpg

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

太陽のストュディオ

 スタジオは藤沢にある「太陽ぬ荘」。

 沖縄では「太陽」のことを「てぃーだ」という。

 「ぬ」は「の」。

 太陽の荘という意味で、「てぃーだぬ荘」と読む。

 アルバムイメージにピッタリ。

 今回のレコーディングはとにかくいろんな細かいピースが綺麗にハマりながら進んでいる。

 これは僕ら自身の手を超えてしまった力の働きを意味する。

 こういう時は見えない音楽の天使が近くを飛んでいるのだ。

 初日は各トラックのベーシックな部分の録音。

 ガットギター丸山力巨、パーカッション三星章紘、コントラバス古賀圭侑の出番だ。

 写真 (6)

 録音しては聴き直して、修正を加えながら繰り返す。

 写真 (8)

 とはいえ3人とも仕事が早い。レコーディングは順調に進む。

 エンジニアは去年アラカキヒロコのRECの際もお世話になった、関野純一くん。

 顔は魚にしか見えないが、とにかく腕がよくてキャラもイイ。

 写真 (10)

 主役もご満悦。笑

 Alsck5nCEAAMY_l.jpg

 3人はすぐに出番を終えてしまった。

 402057_187531321352426_100002866790667_264069_1056133559_n.jpg

 二日目は、主にsaxと歌とピアノを重ねていく。

 ついに主役の登場。笑

 Al2UEqWCMAAQu1g.jpg

 とはいえこの人、まず圧倒的に歌が上手い。

 ピッチはほぼ外さない。リズムの乗せ方をいくつか試す程度。

 2テイクもあれば十分。

 歌録りがこんなに早い人もなかなかいない。

 やる時はやる女か。。。笑

 悪徳プロデューサーは逆にケチのつけどころを探しんたんだが、、、笑

 Al2VVpgCQAAeA_4.jpg

 考えた末の結論は「とにかく丸山君は男前だ。」ということだけだった。

 写真 (3)

 全員がイイ仕事をした結果、すべて順調に進み、録音まで無事に終了。

 そして確信した。

 はっきり言って、ほしばかなえの魅力がつまりにつまった素晴らしい作品ができる。

 僕はsaxの他に、作曲1曲と全曲のアレンジを担当。プロデュースはかなえちゃんと僕の協同という感じ。

 出来上がったら本当に多くの人に聴いて欲しい、と強く感じています。

 次はミックスとマスタリング。

 サウンドに最後の魔法をかけてもらうべく、山梨にいる僕のとっておきの友人エンジニアに、かなえちゃんの、そして僕らの思いの込もった音を託します。

 来月、僕は山梨まで出向きます。

 最高のアルバムを仕上げるために。

 今からワクワクが止まらない。

 楽しみにしていて下さい。

 今宵はこの辺で。

 オヤスミナサイ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

絵本の0ページ目

 音楽は他の何かによく似ている。

 だいたい物事の仕組みはすべてつながっているのかもしれない。

 作曲は料理にそっくりだし、

 今日はスポーツに例えてみるとすれば、、、

 live、生演奏は中でも(僕が詳しく知る中では、)フットボールにそっくり。

 いろんな楽器が同時に動く、事前に決めた作戦(ここでは譜面ということになる。)どおりに動くことが基本だとすれば、その場の空気を感じ取って、即興で動き出す時が来たりする。

 liveはなまもの、水の流れのようにつねに動いていて、自分が思ったとおりばかりに進むとは限らない。

 これは直感としかいいようがない。自然に動き出す。

 これを見た(聴いた)周りの者は、自分は作戦どおりに動くか、一緒になって即興で動き出すか、またはその中間的な動きをするか、瞬時の選択に迫られる。

 この連続でliveは進んでいき、ミュージシャンにとってこれがたまらないワクワクの連続なんだが、、、

 今日の話はレコーディング。

 これも一発録音か、重ね録音かによってまた別物だが、

 いわゆるレコーディング、重ね録音は駅伝にそっくり。

 正月にやってるあれだ。

 一人ひとりが自分の音を重ねていく、誰かがプレイしている時、別の誰かは何もできない。指をくわえて見ている他ない。

 ただ、一人が良いパフォーマンスも見せれば、次の人の士気が俄然上がる。良い流れで来ると、さらに良い流れを生む。

 気付くとそこに曲が浮かび上がる。音と音の重なりがいつの間にか一つの作品に変わっていく。

 この時の興奮もまたミュージシャン冥利につきる。他では得難い感動がある。

 さて、今日は前置きが長くなってしまった。

 今週は2010年から僕がサポートしだしたシンガーソングライターほしば かなえのレコーディングでした。

 彼女はもともとピアノ弾き語りのシンガー。

 その彼女がバンド編成でやる時に、いつのまにか僕はいわゆるバンマスを任され、バンドメンバーの人選、かなえちゃんがもともと持っていた曲の編曲、さらに作曲と"ほしばかなえの音楽"にかなり深く関わることになった。

 早くから彼女は"新しい作品"を作りたい希望を僕に伝えていた。

 だが、僕は「その時を待とう。」と言った。

 いろんなメンバーに手伝ってもらいながら、様々な方向性を探った。僕の中で彼女の音楽を一番輝かせる方向をずっと探していた。

 そしていつの間にか、いろんなピースが自然と揃った。

 メンバー、曲、アレンジ、アルバムコンセプト。

 かなえちゃんは言った。

 「絵本のようなレコード」が欲しい。

 now is the time.

 2012年の2月、僕らは藤沢のスタジオへ。

 着いたら早速腹ごしらえ。藤沢名物らしい"バラ丼"。とんでもないボリューム。。。

 写真 (4)

 パーカッションの三星みっちゃんはペロリ。なんせ彼は190センチ!!

 写真 (11)

 現場では午前中にグランドピアノの調律を済ませ、

 写真 (5)

 準備はOK。

 写真 (7)

 さてと、始めようか。

 写真 (9)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

弥生のすけじうる

 みなさんこんばんは。

 またblogの更新が久々になってしまいました。製作が多いとそうなりますね。

 今は今週に迫ったほしば かなえバンドのレコーディングに向けてアレンジ中。

 写真 (2)
 
 今月はこのためliveを減らしていますが、来月はいろんなところで吹きますよ。

 本日情報公開!!しましたが、3/25(日)は僕のリーダーバンド"tsukuyomi"のliveもあります。こちらに関してはまた別日でもさらに詳しくお話しましょう。

 では弥生のスケジュールを。

 3/3(土)

 Japanese Connectionワンマン

 「Connection7」

 【メンバー】

 笠置順(vo) / momi(cho) / 庸蔵(sax) / 渡辺裕太(g) / 加藤裕一(b) / 吉川史紘(ds) / and more!!

 @三軒茶屋Grapefruit Moon

 open 18:30 / start 19:00

 adv 2500 / day 3000 (+1Dオーダー)

 【予約】 jon2theworld@gmail.com まで。お名前、人数、ご連絡先を沿えてお送り下さい。


 IMG_0889_convert_20110926182705.jpg

 前回もお誘いいただいた、歌が上手すぎるナイスガイ、シンガーJonのワンマンlive。今回は"ひな祭り"ということで、あられを投げまくろうかと思っています。意外と固いので地味に痛いと思われます。でも、ひるまずにあられを投げつけようと思います。お気をつけてお越し下さい。


 3/18(日)

 ルミコスペシャル × no mad
 
 in "SNOW MONKEY BEER LIVE 2012"

 snowmonkey.jpg

 @長野県・志賀高原

 open 11:00 / start 未定

 adv 3000 / day 3500

 【チケット】公式HPのTICKET情報をご覧下さい。


 モデルでもあるシンガーのルミコスペシャル。

 写真 (3)

 DJ+生楽器(sax、key、per)という新たな編成で、恐ろしく楽しそうなフェスに参戦!!あの長野五輪の際に使った会場らしく、なんと1200名収容。

 国内トップレベルのブルワリー14社と、多彩なアーティストが参加して開催されるビールと音楽のイベント。

 当日は、各社のブルワー(醸造家)と一緒に、ドイツ、アメリカ、ベルギーそして日本オリジナルといった多彩なスタイルのビールが樽生で40種類以上お楽しみいただけます。

 音楽も、第一部(3/17昼)昨年のFUJI ROCKでも大人気の注目の二組、THE DEKITSとNabowaが登場!第二部(3/17夜)は、大阪からAFRA、韻シスト、GEBO等の超実力派アーティストが大集結しての、”大人な”ヒップホップの夜!第三部(3/18)はシカゴの名門HEFTYからもリリースするSPANOVAをはじめ、中目黒HATOS BARに集うアーティスト達が鳴らす、ゆったりとグルーヴする時間。もちろん、すべて最高の樽生ビールを飲みながらお楽しみいただけます。


 3/19(月)

アラカキヒロコ

 arakaki hiroko


 in よしむらひらく"Limited CD-R『2011』リリースプチツアーファイナル"

 【出演】

 よしむらひらく(バンド編成) / ゆーきゃん with MUSIC FROM THE MARS / アラカキヒロコ(band set)

 @下北沢SHELTER

 open 19:00 / start 19:30

 adv 2000 / day 2500 (+1D)

 【予約】 LAWSON(75769) / e+ / 下北沢SHELTER店頭


 これも楽しみなイベント。よしむらひらくツアーファイナルで、3者がそれぞれバンドを率いて激突。ひらくはとてもいい歌を歌う尖った男。

  

僕はアラカキヒロコチームとして参加。ヒロコのサポートは彼女のリリースワンマン以来かな。祝前日です、ぜひ。


 3/24(土)

 LIVE ZEND 螺旋

 zend.jpg

 一年半の沈黙を破って、あのZENDが帰って来る。今回が第三弾のノンジャンル音楽エンターテイメント。世界的和太鼓奏者・筑紫寿楽を核として、いろんなジャンルから集まったプレイヤーがこの夜一つになる。

 和太鼓×2、per×2のとんでもない強力リズムセクションの上で、グローバー義和(jackson vibe/ska ska club)の歌と、僕のsaxが駆けます。ここでしか体験できない世界。ぜひ。

 zend 2  

 @六本木STB139

 open 17:00 / start 18:30

 music charge 5000 (飲食代別)

 【予約】 六本木STB139のHPから直接お願いします。



 そして、、、

 3/25(日)

 "音楽にとりつかれた大人たちへ"

 「踊られる音」



 僕のリーダーバンド"tsukuyomi"が素敵なバンドとともに送る「踊られる音」の第二弾、本日情報公開!!

 今回の共演は!! 僕も大ファンの!!

 Immigrant's Bossa Band

 ibb_all_convert_20120213020653.jpg

 “Mellow & Funky! Cool but Hot! Jazzy Brazilian Sound”。そして “伝わる” ライブをキーワードに結成された和製ブラジリアン・ジャズ・バンド。“Billboard Fukuoka”、夏フェス “夏開き”、“夏結び”、小林 径氏がDJを務める “Routine Jazz” や、須永 辰緒氏がプロデュースするイベント “夜ジャズ” 、“World Standard West”、“World Standard in Shizuoka”,“東京 JAZZ 2006 Pre LIVE”、”福岡 Keep Jazz By” など、クラブ、ライブハウスを主体に精力的にライブ活動を行い、様々なコンピレーションCD ( Tokyo Bossa Nova、和ペリティーボ、Tokyo Luxury Lounge Bar Time、etc…) 等へ多数楽曲を提供。様々な層のオーディエンスからの支持を受け、急速に成長を続ける現在最も注目されるバンドの一つ。

 【出演】

 Immigrant's Bossa Band

 "tsukuyomi"(庸蔵's band style)

 and more !!

 @青山・月見ル君想フ 

 open18:00 / start19:00

 前売り3000 / 当日3500 (ともに+1ドリンク500円)

 【予約について】

 月見ル君想フ予約フォームはコチラから。

 
 弥生はみなさんとたくさん会いたいものです。

 今宵はこの辺で。

 オヤスミナサイ。

 

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

あけてびっくり

 玉手箱。

  写真 (6)

 みなさまこんばんは。

 いやー急に白髪になってしまいました。

 おまけにいきなり髪も伸びたので、

 この際、中国拳法でも始めようかと。。。

 先日は青山スパイラルの地下にあるCAYでのlive。

 2010年にShing02さんのliveに飛び入りさせてもらって以来二度目。

 あの日はたしかliveが2つ入ったので、六本木でリハ→青山でリハ→六本木でlive→青山でliveと大変&充実した日だった、そしてその夜のCAYはおそろしく盛り上がったんだ。

写真 (8)

 今回のイベントはまた趣向が違って、シンガーソングライター伊東和哉くんが音楽と芝居をコラボさせた企画、アクシデントシアター。

 リハ中、出番を待つホーンセクション。

 写真 (3)

 伊東くんはヒロミGOさんばりのキラキラ衣装で登場。全身撮っておけばよかった。。。笑

 写真 (4)

 僕は最初の画像のように、芝居サイドの役者さんが用意していたヅラを勝手に拝借して出ようとしたんだけど、、、

 伊東くんに「マジメにやって下さい。(笑)」とクギをさされ、仕方なくジャケットで。

 写真 (5)

 伊東くんは今年から、ホーンセクション入りのバンドにしたり、舞台に挑戦したりと新しいことに挑んでいくみたい。とにかくアクティブな男なので、今後の動きが楽しみ。ぜひGOさんのような男の中の男になって欲しい!笑

 僕は2月はこの後、liveは今のところ予定なし。レコーディングに集中。

 その分、3月はたくさんliveやりますよ!次回のblogで詳細まとめるつもりです。

 3月はみなさんにたくさん会いたいものです。

 今宵はこの辺で。

 オヤスミナサイ。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。