スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある冬の夜の物語

 12/27。

 年末の忙しい時期に、スターパインズカフェにいたすべての人々に。

 この世で起きる奇跡の数だけの感謝を。

 live本編の写真はカメラマンの方から後日送られてくるので、

 今夜は主に本番以外のショットを。

 写真 (33)

 リハーサルスタート。

 写真 (35)

 大編成だけに入念なサウンドチェック。

 写真 (30)

 PAさんにとっては戦場。

 写真 (21)

 本番前は思い思い。

 写真 (28)

 変身するもの。

 写真 (22)

 ん??? 笑

 写真 (34)

 手作りの新アルバムが並び出す。

 写真 (32)

 着々と。

 写真 (27)

 出番を待つ。

 写真 (23)

 直前の円陣にみんな何を思っただろう。

 写真 (26)

 そして、始まった。

 写真 (36)

 音楽隊の音楽会。

 写真 (29)

 自分の出番までバンドの無事を祈る者。

 写真 (25)

 10人揃ってどこまで行けたか。

 写真 (37)

 終演後の彼は笑顔だった。

 写真 (24)

 またいつか。

 お逢いしましょう。

 迫水秀樹と奇跡の音楽隊。

 しばし、さよなら。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

『ずっと僕が見せたかった音楽会』

 「あの、もしよかったら、、、」

 「僕の曲でsaxを吹いてくれませんか?」

 彼はそう話しかけてきた。

 少しもぞもぞしながら、僕にとても申し訳ないことでもお願いするように。

 僕が小林亮三の弾き語りのliveに1曲飛び入りで参加した夜のことだ。

 彼もその日歌っていたのだ。今年の1月のこと。

 話しかけられた瞬間、僕は彼がどういう男か予想した。

 真面目。真っ直ぐ。気遣いが多い。不器用。

 当たっているかどうかは、彼を知っている方それぞれの判断に委ねよう。

 「じゃあ、今度曲を送ってみてよ。」

 その夜は特にそれ以上話すことはなかった。


 4月になり、彼のliveに参加することになった。

 pfには出合くん、gには丸山くんがいた。

 IMG_6775_convert_20111227041031.jpg

 5月になり、トランペットを吹く女の子が現れた。

    IMG_7619_convert_20111227042943.jpg
 
 また少し経って、ヴァイオリンを弾く女の子が現れた。

    IMG_7631_convert_20111227043602.jpg

 時とともに、人が増えていった。

    IMG_7576_convert_20111227043302.jpg

 まるで動物園だ。

       写真 (20)
   
 いつしか彼は、僕たちのことを「奇跡の音楽隊」と呼び始めた。

    IMG_7496_convert_20111227041849.jpg

 その意味は一度でもこのバンドを聴きに来てくれた方なら、知っているでしょう。

 何も僕らが奇跡の音楽をやっているわけではなく、僕らが出会ってこうして一緒に音楽を作っていることがもう奇跡なんだと。彼はそう言うのだ。

 IMG_7530_convert_20111227042358.jpg

 秋が来て、冬が来た。

 ある日彼はこう告げた。

 「来年から海外に行く予定にしています。」

 「年末にワンマンをやりたいんです。その前に録音をして、今のみんなで作っている音楽をカタチに残したいんです。」

 録音は深夜の青山で2回にわたって行われた。

 そして、気づいたら、

 12/27になっていた。

 彼はいつもこう言う。

 音楽だけが起こせる 忘れられぬ奇跡を。

    IMG_7605_convert_20111227043446.jpg

 明日を持ってこのメンバーでのliveはこの先まったくの未定。

 まさに、最後の晩餐。

    IMG_7602_convert_20111227043158.jpg

 明日はperに豊田稔も参加。

    IMG_6957_convert_20111013215315.jpg

 12/27(火)

 迫水秀樹と奇跡の音楽隊 レコ発ワンマン

 『ずっと僕が見せたかった音楽会』


 @吉祥寺Star Pine's Cafe

 open 18:30 / start 19:30

 adv 2600 / day 2900 (+1drink)


  写真+(19)_convert_20111227044509


 「あのぅ、僕の曲でsaxを吹いてくれませんか?」


 「えぇ、吹きましょう。」


 yo-zo-sunaba_convert_20111227045639.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

美味しい音

 みなさんこんばんは。

 作曲と料理をしたことがある方なら、両者の構造がとても似ていることに異論はないでしょう。

 良い音楽を作るには、、、

 良い音楽をたくさん聴くこと。

 美味しい料理を作るには、、、

 写真+(9)_convert_20111222171750

 美味しい料理をたくさん食べること。

 美味しい料理に欠かせないものといえば、、、

 味覚だけではなく、

 視覚。

 見た目が味にとって大きな要素をしめることはご承知のとおり。

 つまり美味しい料理を作るには、、、

 写真+(17)_convert_20111222171522

 美しいものを見ること。
 
 美しいものを見るには、、、

 写真+(10)_convert_20111222171732

 街へ出ること。

 街へ出ると、

 写真+(13)_convert_20111222171634

 美味しそうなものがたくさん。

 どう調理するかはあなたの自由。

 写真+(14)_convert_20111222171617

 何を組み合わせるかも

 写真+(15)_convert_20111222171558

 あなたの自由。

 写真+(16)_convert_20111222171540

 良い音楽を作るには、、、

 美味しいものを食べること。

 写真+(11)_convert_20111222171712

 つまり、
 
 僕が普段飲み歩いているのは、ただの遊びではないのです。



 10月のワンマンで始動させた僕の初リーダーバンド"tsukuyomi"

 "つくよみ"と読みます。月の神さまを現す言葉です。

 このユニットでが、来年の僕にとってメインの活動になります。

 作詞・作曲・編曲、すべて自分で行っています。

 どこを切っても庸蔵の世界。

 だから、

 ぜひ聴いていただきたいのです。

 ワンマンで聴いてくださった方も、まだ体験なさっていない方も。

 少しだけなら、こちらのmy spaceでお聴きいただけますが、tsukuyomiの音楽は一つのliveを通して一つの物語を綴ります。その場で、最初の一音から終わりの一音まですべて味わっていただきたいのです。

 tsukuyomiのlive、第2編は来年1/15(日)

 今回のメンバーをご紹介しましょう。

 髭白健(ds)梅田誠志(b)丸山力巨(gt)ほしば かなえ(voice)という前回からのメンバーに、

 新たにper小川岳史key清野雄翔が加わる強力メンバー。

 そしてさらに新たな音として、禹貴惠ヴァイオリンが加わります。

 今回は8つの音でお話をしましょう。


 そして素晴らしい2つの共演バンド。

 Schroeder-Headz

 

 The Cubes

 


 音楽にとりつかれた大人たちに送る夜


 2012/01/15(日)

 「踊られる音」



 【出演】

 tsukuyomi(庸蔵's band style)

 Schroeder-Headz 

 The Cubes 

 @青山・月見ル君想フ 

 open18:00 / start19:00

 前売り3000 / 当日3500 (ともに+1ドリンク500円)


 【予約について】

 月見ル君想フに直接お願いいたします。

 web予約 or 電話予約 03-5474-8115


 写真+(8)_convert_20111222171807

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

三冬月の三日間

 みなさまこんばんは。

 怒涛の一週間が終わり、やっと時間ができました。

 ここのところ目まぐるしい日々が続いていて、blogに書きたいこともたくさんあったのですが、いかんせん寝る時間をなんとか確保するような毎日。少し久々のblogになってしまいました。

 連日4時間睡眠で乗り切り、やっと目覚ましもかけずに寝られる、と思ったところが4時間きっかりで目が覚める。そんなものですね。笑

 目が覚めたので1時間ばかり泳ぎに行って、渋谷へ勝手にしやがれのワンマンを見に行って先ほど帰宅。

 と、ここまで書いて昨夜は眠りの森へ。バタンッ。


 あらためましてみなさまこんばんは。

 さて、少し時間を戻してみましょう。

 15日は榎本くるみバンド。

 タマルちゃん、ユラリちゃんと素敵な女性シンガー3人で共催しているイベント「lady blues」の第2回。今回も完売、大盛況!

 同年代で仲良しながらまったく色の異なるliveを展開する3人。

 今回はX'masにちなんだ曲を多めに。

 くるみちゃんとは10月の僕のワンマン以来の共演。

 メンバーも旧知のメンバーばかりで楽しい夜。

 終演後、リラックスムードのタマルちゃんと1枚。

  写真+(7)_convert_20111219220820

 最後に集合写真を。左端のアベちゃんだけが素(す)の表情で恐い。なんなんでしょうか。笑

  写真+(5)_convert_20111219010747

 そして今回、僕の夢が一つ叶った。

 僕はずっとUAさんの大ファンですが、中でも気が狂うほどに好きな曲というものがあって、それはミルクティーであったり、雲がちぎれる時であったり、悲しみジョニーであったり。

 これらのプロデュースをしている方がご存知、朝本浩文さん。

 僕にとっての”ヒーロー”。

 朝本さんは現在ユラリちゃんのサポートもしていらして、今回僕がユラリちゃんとも1曲ご一緒させて頂いたので、つまり朝本さんとも共演ということになったわけです。

 高校生の頃に憧れていたミュージシャンと、10年もの時を経て同じステージでプレイできるなんて。感動。

 音楽は人を無限につないでくれる。

  写真+(1)_convert_20111219005232

 16日はエバラ健太のワンマン。

 彼は徳島でラジオをやっていて、今年は東京と徳島を往復しながらさらに全国を回って大忙しだったと思います。
 
 今年の5月に彼の初ワンマンに参加させてもらって、東京でのワンマンとしては今回で2回目、「RIVER~記憶を辿るふるさとへの旅~」。

 今回はなんとアコギ3本。

  写真+(2)_convert_20111219010336

 彼とニシ西山さんと井口聖二さんで結成した”メイトンブラザース”!!

 メイトンとはオーストラリアのギターのメーカーで、彼らは3人とも日本ではまだめずらしいメイトンを使っているのです。

 後半から加わった僕は、モニターから聴こえてくるギターの音が誰が誰やらまったくわからず。笑

 そして健太はヘンテコな機械に乗る。笑

  写真+(3)_convert_20111219010646

 いわゆる足ドラムなんだけど、好奇心と行動力で出来ている彼は今回のためにアメリカから直輸入!

 なのに、、、

 これが登場した時のお客さんの薄い反応。。。笑

 それもそのはず。セブンスフロアはステージが低いので、最前列のお客さんにしか見えない。。。

 さすが健太!笑

 そんな落としどころもありながら、今回も彼の歌声は本当に優しく会場を包む。彼の人柄そのままに。

 17日は同じ歳の盟友アドウ率いるSUNABAのワンマン。朝まで続くボリュームたっぷりのスナバナイトの第3弾。

  写真_convert_20111219004758
 
 1部はSUNABAだけでがっつりワンマン。2曲だけ参加。

 2部はSUNABAメンバーが各々バンドを結成し、SUNABAの曲をアレンジして披露し合う、いわば懐かしの隠し芸大会のような。笑

 僕はアドウバンドのメンバーとして。

  写真+(6)_convert_20111219013143

 最後は恒例?笑、の出演者総出のドリフ状態で「らららい」大合唱。

  409614_2361152387627_1214836489_32063649_2043175151_n_convert_20111219124420.jpg

 待ってましたとばかりに会場みんなで「らーららーい♪」

 あまりに終わらない「らららい」のエンディングで、僕とさいとうりょうじの二人だけは「蛍の光」を演奏していたのはみんなには内緒。笑

 濃密な3日連続のliveと、その準備と戦った1週間でした。ふぅ。

 部屋がすごい状態。片付けないと!!!


 さて、今日からは来年1/15(日)に控えた僕自身のバンド「tsukuyomi」のliveの準備に取り掛かります。

 この豪華な3マンイベントに関しては近々、別日に詳しく書きますね。

 今夜はこの辺で。

 liveに来て頂いたみなさま、本当にありがとう!!!

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

師走のすけじうる

 みなさまこんばんは。

 ここ数日冷えこみすぎ。

 キッチンがもはや冷蔵庫。

 それもそのはず、気付けばもう12月。

 師走ってまったく毎年バタバタしますね。

 そんな師走のすけじうる。

 今年も残りわずか。

 素敵に夜を過ごしたいものです。

   写真+(38)_convert_20111207003732

 日付変わっていよいよ明日、自分主催のliveでは今年最後。

 頼りになるリズム隊の二人に、美しい二人のゲストを迎え、みんなで暖かい夜を過ごしましょう。

 お席は若干ございます。ぜひお越し下さいね。

 12/8(木)

 「十三夜月に灯をつけて~庸蔵 plays standards」


 【出演】 庸蔵(sax) 服部将典(cb) 阿部樹一(pf)

 【ゲスト】 Jun(vo) / 禹貴惠(vl)

 【場所】 代官山駅徒歩1分カフェバー「山羊に、聞く?」

 【お時間】

 open 19:00 / 1st set 20:00頃~ / 2nd set 21:00頃~


 ※2ndは当日の会場の様子で前後しますのでご了承下さい。入れ替えなし。

 【料金】 2000円 (+飲食代別)

 【予約方法】

 下記メールアドレスでのみで、12/7(水)23:59まで受付しております。予約受付番号が当日の入場順となります。お支払いは入場時にお願いいたします。なお、入場後は自由席となりますが、基本的にみなさまお座りになれます。

 yo_zo_ticket@yahoo.co.jp

 まで。「件名」に「12/8@山羊」と添えて、

 ①お名前(カタカナフルネーム)
 ②人数
 ③お電話番号(通常利用いたしません。)
 
 を書いて送信下さい。数日中に受付番号を添えてご返信いたしますので、パソコンからのメールをお受け取りになれるアドレスからお送り下さい。当日、受付番号とお名前を会場でお伝え下さい。


   写真+(41)_convert_20111207010835

 12/15(木)

 榎本くるみ

 「LADY BLUES Vol.2~Happy Xmas Spirit!~」

 with タマル / ユラリ

 @三軒茶屋Grapefruit Moon

 open 18:30 / start 19:30

 adv 2500 / day 3000 (+1drink)


 前回6月にも参加させてもらった「lady blues」の第2弾。榎本くるみちゃん、ユラリちゃん、そしてタマルちゃんという大人の女性シンガー3人のイベント。前回は”タマルチーム”として参加させてもらいましたが、薄情な僕は(笑)今回”くるみチーム”として参加いたします。同じシンガーで、年齢も近い、魅力的な3人の女性。それなのに、まったく異なる3色のliveが見られます♪


   写真+(42)_convert_20111207010855

 12/16(金)

 エバラ健太

 クリスマスワンマン

 「RIVER~記憶を辿るふるさとへの旅~」

 @渋谷7th Floor

 open 18:30 / start 19:30

 adv:2500 / day3000 (+1drink)

 
 まっすぐな目。優しい歌声。シンガーなのにギターが上手過ぎる。そしてプライベートはマイペース。一流シンガーにこういうと失礼かもしれませんが、可愛い弟のように思えてきました。笑 とってもハートフルなミュージシャン、エバラ健太の5月の初ワンマンに続く二度目のワンマン。今回も彼のあたたかい雰囲気が会場を包むことでしょう。 


   写真+(40)_convert_20111207010751

 12/17(土)

 SUNABAワンマン

 SUNABA NIGHT Vol.3

 ワンダフルスナイト

 @青山・月見ル君想フ

 第1部 open 20:00 / start 21:00

 adv 2300 / day 2500 (+1drink)

 第2部 open 24:00 ~ good morning!!

 adv&day 2000 (+1drink)


  盟友アドウ率いるSUNABAのワンマン、「SUNABAナイト」今回で3回目。二部制で朝まで繰り広げられるボリュームたっぷりのワンマン。忘年会も兼ねてます。笑

 第1部がSUNABAの直球ワンマン。SUNABAの楽曲を存分に楽しんで下さい。第2部は、、、先に言っておきますが、酔っ払ってから聴いて下さい。笑 その濃厚な内容は、、、まだ秘密!

 第1部からいる方は2部もそのまま見られます。さぁ年末、みんなで朝まで飲んで聴いて語らいましょ!
  

   写真+(39)_convert_20111207004557

 12/27(火)

 迫水秀樹ワンマン

 『ずっと僕が見せたかった音楽会』

 @吉祥寺Star Pine's Cafe

 open 18:30 / start 19:30

 adv 2600 / day 2900 (+1drink)


 来年からしばらく海外に立つ迫水くん。そして実はピアノの出合くんも海外へ。今年活動してきた動物園みたいな個性豊かな8人組バンド「迫水秀樹と奇跡の音楽隊」。その集大成。これを見逃すとこのメンバーで集まることはこの先未定。そして僕の今年の吹き納め。ぜひお越し下さい。

 今月はどれも想いのつまった素敵なliveばかり。

 ぜひ会場でお会いしましょう♪

 今宵はこの辺で。

 オヤスミナサイ。

   写真+(43)_convert_20111207011535

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。