スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「深夜じゃなくていいかも!」

 みなさまこんばんは。

 はい、せーーーーのっ、バルス。

 ハローグッバイ庸蔵です。

 さて、アナログ放送が終わって数ヶ月、

 みなさまは地デジ生活は快適ですか?

 僕も、、、

 と思いきや、

 テレビジョンやっぱり当分要りませんよね。

 TVなしの生活、無駄がなくてとても心地良い。

 そんな選択をしたのは僕だけじゃないかと。

 というわけで、

 見るものがなくなってお困りのみなさまのために、笑

 わたくし庸蔵、ただの気が向いた時だけust番組をやります!

 初回拡大スペシャルは

 11/1(火) 22時~23時頃!!

 いいですか、

 中身はいっさいありません。

 ただただ、ぐだぐだしゃべります。

 相棒には、あの!

 シンガー/ギタリスト/キーボディスト、さいとうりょうじ

  深夜にいいかも_convert_20110801231406

 二人でいっさい誰の何の役にも立たない番組をめざします。

 みなさんは風呂上りにビールとアイスクリームを片手に、もしくは好きでも嫌いでもない異性と二人っきりで、仕方なく見てやって下さい。

 決して見ようとしてはいけません。

 人生はとてつもなくあっというまです。

 吉野家で牛丼が出てくる、

 それくらいの時間しかありません。

 代官山の謎のカフェ「山羊に、聞く?」から生中継。

 しゃべりに自信がある、告知がある、いいたいことが山ほどある、初恋の人を探している、たまたま通りがかった、僕がりょうじの友人のみなさま、気軽に寄って出て下さい。

 11/1(火) START!!

 不定期。気が向いた時。どうしようもない夜。

 庸蔵とさいとうりょうじがお送りする、夜一人でうちにいる方のための番組。


 『深夜じゃなくていいかも!』


 11/1の22時になったら、コチラをクリックしてご覧下さい。

 なんか、、、

 どっかで見たことあるような日記だな。

 いや、気の、、、

 せいか???

 ムフッッ

スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいかもしれないニュース
ジャンル : ニュース

小さな小さなアンラッキー

 ランチは気になっていた渋谷のネパール料理屋でダルバート。

   IMG_8103_convert_20111028005053.jpg

 数年前にNYで食べたパキスタン料理を思い出した。

 その時は見事な失敗だった。

 Aセットだかなんだか、そういうのをオーダーしたら、ウィンドウにところせましと並んだ20種類ほどのデリの中から、3種類選べと言う。

 確か美味しそうな野菜の惣菜ばかりを指定した。

 そうしたら3種類の野菜がのった美味しそうなゴハンがそのまま出てきた。

 「おい、カレーなしでどう食うんだよ?」

 「お前が欲しいって言った3つ入ってるじゃないか。」

 「そうかちくしょう、3種類の中にカレーを入れとかなきゃダメってことか。早く言えよ。」

 渋々ポケットからあと数ドル出してカレーをかけてもらった。

 今日の店員さんはネパールの方か、とても親切な方だった。食べ方まで教えてくれた。

 しかし一つだけ申し訳なかった。とても美味しいのだが、僕は小豆が食えない。

 ダル(豆のスープ)が小豆のそれだった。ブラジルのフェジョアーダに似ている。これは苦手な味だ。

 それだけは残させてもらって、あとはキレイにたいらげた。

 思えば、その時に今日の”小さなアンラッキー”について考えればよかったのだ。

 

 ずっと行きたくて行けなかった横浜トリエンナーレ。

 やっと行ける日が今日だった。来週で終わってしまうところだった。

 Emi Meyerを聴きながらゴキゲンで東横線に乗った。

 会場の美術館の外にはすでに可愛くて不細工なオブジェが並んでいた。

 今年はどんな作品に逢えるだろう! もり上がる気持ち。

   IMG_3284.jpg

 まるでネズミーランドで騒ぐ女子のように写真をとってもらう。

   IMG_9554_convert_20111028002225.jpg


 さて、入るか。。。

   IMG_5053_convert_20111028005031.jpg


 No------------------!!


 まるでよくあるサスペンス映画のラストシーン。

 一番信頼していた奴が実は犯人で、助かったと笑顔で振り向いた瞬間そいつにヤラれて映画が終わる。

 その時の叫び声だよ。


 10月の休館日はたったの2日。


 ビンゴ。。。


 ビンゴは、

 当たった記憶がない。

 
 仕方なくまったく腹が減っていないまま中華街をぶらつく。

 カレーをたらふく食ったばかりなんだよ。

   IMG_1196_convert_20111028002117.jpg

 よくよく見ながら歩くとおもしろい。

 とことん不思議な空間だ。

   IMG_6015_convert_20111028002142.jpg

 100は越える?中華料理屋の中に普通の喫茶店やクリーニング屋がまぎれこむ。

   IMG_6987_convert_20111028004912.jpg

 おい、”中華街”だろ???笑

 満腹だけど、ブタまん一個だけ食う。

 んん、美味い。

 なんとか行かなきゃトリエンナーレ。。。


 さて日付変わって本日28日は、ほしば かなえバンド。

 先日のリハもとってもイイ感じ。

   IMG_9184_convert_20111028002203.jpg

 ストロボカフェは僕にとって初めて。旧友がPAをやっている。会えるのが楽しみ。

 僕がアレンジもしているが、メンバーもカンがいいので最近急速にバンドサウンドがまとまってきた。

 新しいほしば かなえの色ができつつある。ぜひ聴いて欲しいバンド。

 10/28(金)

 ほしば かなえ

 「七色の鍵盤」

 with つるうちはな / 嶌岡大祐 / オガワマユ

 @北参道strobe cafe

 open 19:00 / start 19:30

 charge:2300(+1order)


   IMG_7962_convert_20111028005824.jpg

 
 そして明日のこの時間、日付変わって29日から次回の僕の主催liveのご予約が始まります。ぜひ。

 12/8(木)

 「十三夜月に灯をつけて~庸蔵 plays standards」


 【出演】 庸蔵(sax)、服部将典(cb)、阿部樹一(pf)

 【ゲスト】 内緒♪

 【場所】 代官山カフェバー「山羊に、聞く?」

 【時間】 open 19:00 / 1st set 20:00頃~ / 2nd set 21:00頃~


 ※入れ替えなし。

 【料金】2000円(+飲食代別)

 【予約方法】

 下記メールアドレスでのみで、10/29(土)0:00~受付。予約受付番号が当日の入場順となります。入場後は自由席で、基本的にみなさまお座りになれます。

yo_zo_ticket@yahoo.co.jp

 まで。「件名」に「12/8@山羊」と添えて、

 ①お名前(カタカナフルネーム)
 ②人数
 ③お電話番号(通常利用いたしません。)
 
 を書いて送信下さい。数日中に受付番号を添えてご返信いたしますので、パソコンからのメールをお受け取りになれるアドレスからお送り下さい。


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

十三夜月に灯をつけて

 みなさまこんばんは。

 夜はもう、とっても冷えますね。先日毛布を引っ張り出しました。

 毎朝ふとんから出られません。。。

 悪魔と天使のささやき合い。。。

   IMG_2538_convert_20111022214613.jpg

 みなさんはいかが?笑

 冬は楽器の生音が人の心に一番寄り添える季節。

   IMG_7642_convert_20111022214636.jpg

 今夜は、去年僕が撮った冬の写真とともに筆を進めてみます。

 普段、さまざまなジャンルの楽曲を演奏していますが、この季節にはかならずJazz standardsのliveをやることにしています。

 今年の夏の終わりに行った”庸蔵 plays standards”この時は久々にliveでJazzを吹いた時だったのですが、

 フタを空けてみれば当日のお客様も合わせて満席。本当にありがたいお話です。

   写真+(8)_convert_20110826145643

 2nd setのプレイ中にいきなり鼻血が出て(初めての経験!)、僕待ち、、、というご迷惑もおかけしましたが、笑、とても楽しい夜を過ごさせて頂きました。

 さて、今年もちらほらと12月の足音が聴こえてきました。

   IMG_8337_convert_20111022214402.jpg

 今年も、吹こうと思います。

 plays standardsの第2弾といったところです。

 スーツを着て、ネクタイをして。
 
 ラフな格好でliveするのはその日の気分で服を選べますし、とても好きですが、

 やはりスーツにネクタイ、というのは身も心もひきしまって、とても心地良いもの。スイッチが入る感覚。
  
 優雅な大人たちのパーティー。

   IMG_4757_convert_20111022214743.jpg

 美味しい料理もご用意しております。8月の時も大好評でみなさんよく飲んで、よく食べてらっしゃいました。

 真冬の夜をあたたかく過ごすべく、”スタンダード”を拡大解釈しJazzに限らず、じっくりと選曲&アレンジした曲たちを、saxとコントラバスとピアノで優しく綴ります。

   IMG_7866_convert_20111022214346.jpg

 お早めのご予約をオススメいたします。ご予約については下記、【予約方法】を詳しくお読み下さいませ。


 12/8(木)

 「十三夜月に灯をつけて~庸蔵 plays standards」


   20111208_convert_20111022214532.jpg

 【出演】 庸蔵(sax) 服部将典(cb) 阿部樹一(pf)

 【ゲスト】 内緒♪

 【場所】 代官山駅徒歩1分カフェバー「山羊に、聞く?」

 【お時間】

 open 19:00 / 1st set 20:00頃~ / 2nd set 21:00頃~


  ※2ndは当日の会場の様子で前後しますのでご了承下さい。入れ替えなし。

 【料金】 2000円 (+飲食代別)

 【予約方法】

 下記メールアドレスでのみで、10/29(土)0:00~受付開始となります。予約受付番号が当日の入場順となります。お支払いは入場時にお願いいたします。なお、入場後は自由席となりますが、基本的にみなさまお座りになれます。

 yo_zo_ticket@yahoo.co.jp

 まで。「件名」に「12/8@山羊」と添えて、

 ①お名前(カタカナフルネーム)
 ②人数
 ③お電話番号(通常利用いたしません。)
 
 を書いて送信下さい。数日中に受付番号を添えてご返信いたしますので、パソコンからのメールをお受け取りになれるアドレスからお送り下さい。当日、受付番号とお名前を会場でお伝え下さい。


   IMG_7737_convert_20111022221228.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

雨に歌えば

 特別な夜は、特別な人に歌って欲しい。

 シンガーにはいろいろなタイプがある。もちろん楽器にだってそうだが、歌ほどスタイルの違いが明確になるポジションはない。

 僕の周りにはとっても素敵なシンガーがたくさんいる。

 大好きなシンガーがたくさんいる。

 そのすべてのシンガーが個性を持っていて、彼らの歌は彼ら本人にしか歌えない。

 その中でも、

 自分にとって初めてのワンマンで、僕の隣で歌って欲しいシンガー。

 今回僕が描いていたワンマンのイメージ。

 完全に一致する二人の顔が浮かんだ。

 彼らは歌っている時、もしかすると、歌そのものに見えない力が宿り、逆に彼らの身体を介して、僕らの耳に聴こえるものとして現れてくる、

 あるいはややもすると、歌っている本人にもコントロールできないレヴェルまで、本人の身体を離れ、はるか彼方で鳴っているような。
 
 僕が直接知っている中で、そんな歌を歌うシンガーが二人だけ存在する。

 _YSK6713_convert_20111017004649.jpg

 榎本くるみ
 
 彼女と会ったのは今年の6月。

 彼女の歌を聴いた時、目が話せなかった。

 なんだこの歌は。。。

 _YSK6719_convert_20111020235252.jpg

 彼女と話して、彼女のオリジナルの中で僕が大好きな2曲を、僕のアレンジで歌ってもらうことになった。

 さらにもう1曲は彼女がデビュー前に作って、liveでは一度も演奏していない、という特別な曲を選んでくれた。

 もともとはもっと凝ったアレンジを考えていたのだが、彼女の歌と曲が良すぎて、ほぼ原曲のイメージに戻した。 直球が良過ぎる場合は、変化球を投げる必要はない。そんな感じ。
 
 今回のワンマンでお客さんから、涙が出た、初めて聞く歌であんなに泣いたことはない。というような意見をたくさんいただいた。
 
 おそらくみなさんは、あの時の僕と同じ体験をしたに違いない。。



 そして、

 この男にいてもらう必要があった。

      _YSK6809_convert_20111017005035.jpg

 小林亮三

 彼もまた、目に見えない、彼にしか捉えられない、第6感のようなもので声を発する。

 空というより、宇宙の星から星を、時に軽やかに舞う、時に力強く飛ぶ。

 _YSK6771_convert_20111021001424.jpg

 普段からそんなに一緒にいるわけではないけれど、

 僕にとってとても大事な存在。これからも。
 
 今回、彼と何を演奏しようか電話で話した際に、

 「今の僕の気持ちは、何か新しいものにトライしたい。庸蔵君のバンドとやらせてもらうことで自分にない何かを感じたい。」

 そして、singin' in the rainは亮三が、La Vie en roseは僕が決めた。

 ワンマン当日のたった3、4日前のこと。

 リハは前日に2回ずつだけ。アレンジの方向性だけ決めて、後はその場のsessionで進めようと決めた。

 小林亮三 with 庸蔵 sings standards いかがだったでしょう?

 僕が隣で聴いてるに、彼は子供みたいに空を駆けてたよ。


 この二人をメインゲストに迎えながらも、さらにみなさんに楽しんで頂こうとシークレットゲストという形であるシンガーにお願いをした。

      _DSC8733_convert_20111017004812.jpg

 sotte bosse cana

 MCでも話したが、彼女とは8年ほど前からの友達。僕の可愛い妹みたいな存在。この日に数年ぶりに再会した。

 その頃、「いつか共演しようね~。」なんて話していた。

 8年前の約束を果たすのに、ふさわしい場所だと思った。

 _YSK6703_convert_20111021004746.jpg

 最高にキュートな歌をありがとう。
  

 そしてさらにさらに、僕が最近よく関わらせてもらっている素敵なシンガー二人をみなさんに紹介したかった。

 キャラクターは全然違うけれど、(正反対か?笑。)二人とも芯の通った真っ直ぐな男だ。

 音楽を、歌を聴いてもらえればわかってもらえると思う。

      _YSK6429_convert_20111016120328.jpg

 エバラ健太

      _YSK6468_convert_20111016120654.jpg

 迫水秀樹 (ex.アメリカンショートヘアー)

 彼らはそれぞれ独自の世界観を持っている。

 本当はもっとたっぷり彼らの世界を覗いて欲しい。

 今度はそんな彼らが、それぞれワンマンを12月にやります。

 健太は12/16(金)に、迫水君は12/27(火)に。僕ももちろん駆けつけます。


 さまざまな色にいろどられ、さまざまな気持ちに支えられ、

 僕の33歳は幸せにスタートしました。

 それもこれも、

 聴きに来てくれた方がいたから成り立つもの。

 MCで話し忘れたことがあります。

 10/14にあの場所にいられなかった人のことをどうこう言う必要はありません。

 けれど、あの時、あの場所にいてくれた方は僕にとってとても特別な方々。ずっとね。

 
 一つだけ失敗がありました。プレゼントは禁止です。って言っておけばよかった。。。

 liveに来ていただいた時点で僕はすでにプレゼントをもらっています。

 さらに何か買って来てくれた方々に気を遣わせてすみません。

 今回はとてもありがたく頂戴し、もしこの先こういうタイミングがあった際はあまり気を遣わないで下さいね。

 どうしても、という場合は、、、小学生の遠足みたいに500円までにしましょうか。笑

 _YSK6857_convert_20111016120247.jpg


 _YSK6864_convert_20111016120353.jpg

 最後は僕が号泣した、ということにしておきましょう。

 僕、残念ながら泣かないんですよ。人前では。笑

 

 こうやって「いちばん小さな月夜の歌」は無事に終えることができました。

 出演してくれた、関わってくれた、聴きにいらっしゃった、多くのみなさまへ

 ありがとうございました。

 心から。


 10/14(金)

 庸蔵 バースディ ワンマンLive

 『いちばん小さな月夜の歌』

 【ゲストシンガー】

 小林亮三(cune)/ 榎本くるみ

 【メンバー】

 丸山力巨(g)、阿部樹一(pf)、梅田誠志(b)、髭白健(ds)、豊田稔(per)、ほしばかなえ(voice)

 【オープニングアクト】

 エバラ健太 / 迫水秀樹

 【場所】三軒茶屋Grapefruit Moon



 ps)明日からはバカみたいなくだらないblog書くぞっ!覚悟しなさいっ!

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

はじまりのはじまり

 思ったとおり、その日はあっという間にやってきた。

     _DSC8575_convert_20111017014131.jpg

 18:30の少し前、大きくて、静かな空間がそこにあった。

  _DSC8574_convert_20111017015012.jpg

 18:30頃、扉が開いた。

 驚いた。

 この後、その空間は人でいっぱいになった。

 みなさまに心から、深々と頭を下げる気持ちで、お礼を申し上げます。

 本当にありがとうございました。


 たしか8月の中頃だったと思う。

 ふと思った。

 自分の音楽ってどんなのだろう。

 好きなミュージシャンはたくさんいる。

 Miles Davis、e.s.t.、Rachels、Cassandra Willson、Keith Jarrett American Quartet、、、日本人にだって、、、いや、もうやめておこうキリがない。

 おそらくうちには2000枚を越えるレコードがあるし、僕は"ジャケ買い"はしないので、選びに選んでその数だ。

 僕のワンルームは困ったことに、そのために踏み場もない。

 ずっと自分の音楽をカタチにしたいと思っていた。

 しかし、全然まとまらなかった。いや、まとめようとすらしなかった。

 先に舞台を決めてしまおうと思った。

 自分を逃げ場がない状態に置こうと思った。

 うちから一番近くて(笑)、親友がbookingをやっていて、数年来お世話になっていて、好きな空間。

 Grapefruit Moonに電話をした。

 今年の自分の誕生日の週末に、初めてのワンマンliveをすることを決めた。

 メンバーも、編成も、いやそれどころか、自分のために書いた曲は1曲もなかった。

 お客さん、来てくれるだろうか。

 いくつものサポートでのliveをさせてもらいながら、

 それ以外の時間はすべてこの日の準備に使った。

 まずはlive全体の構想。

 自分のバンドの構想。

 ずっと考えた。

 いくつかの楽器が浮かんだ。

 幸せなことに、周りにはとても素晴らしいミュージシャンがいた。

 彼らに電話をすると、二つ返事で「やるよ。」と言ってくれた。


 9月の末頃にやっと3曲ほどのベースが出来上がった。

 10月の頭、つまり一週間前にさらに2曲のほどのベースが出来上がった。

 正直に申し上げよう。

 1曲は前日に作った。

 live前日、いや当日の午前中も僕の編曲は続いた。

 当日のリハですら、変更が出た。

 メロディーや歌詞はliveの2、3日前に出来た。
 
 すべて、

 彼らは応えた。

  _YSK6515_convert_20111017003427.jpg

     _YSK6751_convert_20111017003132.jpg

     _DSC8595_convert_20111016235730.jpg

     _YSK6776_convert_20111017003804.jpg

     _DSC8818_convert_20111017010037.jpg

     _YSK6496_convert_20111017011554.jpg

 これが僕の音楽なんだ。

 自分の書いた譜面が、仲間たちによって音楽に変わった時、

 初めて自分のやりたいことがわかった。

 そしてふと浮かんだ言葉。

 「大人のためのダンスミュージック」

 なんだか、とてもしっくり来た。

 僕は自分のユニット名を「つくよみ」と名づけることに決めた。

 「つくよみ」とは月の神。夜を統べる神。のこと。

_DSC8655_convert_20111017005444.jpg

 調べてみたら、同名の漫画があるそうな。

 神様の名前をそのまま使うのも恐れ多く、また同名の漫画の漢字とも別のものにしたいので、当て字を今考えています。決まったらまたご報告します。

 「つくよみ」は次回、来年1月の週末のどこかで考えています。次回の編成、メンバーがどうなるかはまだ僕にもわかりません。笑 お楽しみに。

 こちらも正式に決まったらご報告します。

 さて、今日はここまでとさせて下さい。

 次回のblogでは、この日に歌いに来てくれた、ゲストシンガーのみなさんのお話をしたいと思います。 

 しばしお待ちを。

 オヤスミナサイ。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

前夜

 髭白健のドラムはおそろしくダイナミック

 IMG_9659_convert_20111013215431.jpg

 豊田稔のパーカッションはおそろしくタイト

 IMG_6957_convert_20111013215315.jpg

 梅田誠志のベースはおそろしくグルーヴィ

 IMG_8934_convert_20111013215342.jpg

 阿部樹一のピアノソロはおそろしくキレる

 IMG_4988_convert_20111013215514.jpg

 丸山力巨のガットギターはおそろしく美しい

 IMG_0688_convert_20111013215455.jpg

 ほしばかなえの透き通ったボイスが乗ると、

 響き始める

     kanae_blog_convert_20110819230240.jpg

 そしてさらに

 僕らと一緒に

 歌ってくれるのは

 榎本くるみ

 あなたに伝えたいJK_RGB_convert_20110814011014

 小林亮三

 268115952_convert_20110814011146.jpg

 そしてさらに、

 エバラ健太と迫水秀樹がお祝いに歌いに来てくれる。

 IMG_5244_convert_20111001131341.jpg


 IMG_0935_convert_20111001131323.jpg

 榎本くるみとほしばかなえが庸蔵Tシャツを着てくれる。笑

 IMG_2643_convert_20111013214459.jpg

 僕も歌う。

 僕はsaxを使って。

 IMG_0299_convert_20111013222750.jpg

 10/14(金)

 庸蔵 バースディ ワンマンLive

 『いちばん小さな月夜の歌』


 【ゲストシンガー】

 小林亮三(cune)/ 榎本くるみ

 【メンバー】

 丸山力巨(g)、阿部樹一(pf)、梅田誠志(b)、髭白健(ds)、豊田稔(per)、ほしばかなえ(voice)

 【オープニングアクト】

 エバラ健太 / 迫水秀樹


 【場所】三軒茶屋Grapefruit Moon

 【時間】open18:30 / start19:30

 【料金】前売り(予約あり)2500 / 当日3000 (ともに+ドリンク代500円)


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

いちばん小さな満月の夜

 2011年10月12日。

 満月。

 今年の満月の中で、月と地球がいちばん離れる日。

 「いちばん小さな満月」が見られる日。



 みなさま。

 本当にたくさんのメッセージ

 ありがとうございます。

 以前のblogでお話しておりますが、もしかしたら思い違いされている方もいるかもしれません。

 僕の誕生日は本日、ルチアーノ・パヴァロッティとマリオン・ジョーンズと香田・晋と同じ10月12日。

 ワンマンliveは週末の方がみなさま気兼ねなく楽しんで下さるだろう、ということであさって金曜日の14日になりました。

 現在、liveの最終準備段階ですので、終わったらみなさまにご返信させて頂きます。

 33歳なんて、

 子供の頃は想像もつきませんでした。

 今しかできないこと、今だからできること、その年齢ごとに僕はそれをしてきたつもりです。

 初めてのワンマン。

 もちろんゲストやバンドメンバー、みんなの力を借りながらではありますが、

 ”逃げ場がない”という緊張感を心地よい、と感じています。



 今日、日付が変わってから、いろんな方から「おめでとう!」と言っていただきました。

 ありがとうございます。

 その気持ちはとってもありがたいと感じた上で、 

 正直なところ、絶対的な違和感があります。

 僕は1978年の10月12日に、何もしていません。

 この日にあった出来事は、母が痛みにこらえて僕を産み落としてくれたこと。

 それからすべての10月12日に、僕は何かをして一位になったわけではないし、賞をとったわけでもありません。

 おめでとう、と言ってもらえるようなことは何一つしてないんです。



 誕生日というものは、

 育ててくれた両親に感謝を。

 出会ってくれた友人に感謝を。

 そういう日だと思っています。

 僕自身はただ、いつかやって来る、僕にとっての世界が終わる日に、

 また一歩近づいただけです。

 だから僕はよりいっそう、必死に生きることになります。

 笑ってその日を迎えられるようにね。



 そして今日、バースディプレゼントが届きました。

 自分から。笑

 IMG_5750_convert_20111012203824.jpg

 この子と

 IMG_0952_convert_20111012203807.jpg

 あの子です。 

 
 僕の大好きな友人でイラストレーターのオカダミカさんが

 ”庸蔵のsax”をイメージして書いてくれた女の子。

 実は僕の名刺の裏に書かれている、あの彼女です。

 彼女がTシャツになりました。

 ミカちゃんと僕は、実際にTシャツ工場まで行って担当の方と話し、色や質感やサイズ、じっくり吟味して選んで来ました。

 もちろんたくさんお金をかけたら、いくらだっていいものはできます。僕ら二人は「Tシャツは一番高くて3000円。」という意見で一致しました。

 その価格でできる範囲で、とっても良いものができました。

 実は庸蔵の初アイテムになります。

 でも僕はこれを”庸蔵のグッズ”としてではなく、”お気に入りのTシャツ”として着て欲しい。

 これを来て、散歩やデートをして欲しいのです。

 もちろん”オカダミカの作品”として来てくれたらもっと嬉しい。



 あさってのワンマンで、販売を開始いたします。live会場限定販売となります。

 「この子」は、ホワイト×ブラック×レッド仕様。

 「あの子」は、ブラック×シルバー×レッド仕様。

 サイズはMとSで、いずれも3000円です。

 ぜひあさって、手にとって見てみて下さい。

 もしお気に召せば、連れて帰って下さい。



 ミカちゃん

 ありがとう。



 チケットですが、キャンセルが数枚出たようですので、まだ少し残ってございます。

 みなさま

 あさっては、三茶でお待ちしています。


  10/14(金)

 庸蔵 バースディ ワンマンLive

 『いちばん小さな月夜の歌』



 【ゲストシンガー】

 小林亮三(cune)/ 榎本くるみ

 【メンバー】

 丸山力巨(g)、阿部樹一(pf)、梅田誠志(b)、髭白健(ds)、豊田稔(per)、ほしばかなえ(voice)

 【オープニングアクト】

 エバラ健太 / 迫水秀樹


 【場所】三軒茶屋Grapefruit Moon

 【時間】open18:30 / start19:30

 【料金】前売り(予約あり)2500 / 当日3000 (ともに+ドリンク代500円)

 【予約について】

 下記アドレスにてメールのみで受付いたしております。

 yo_zo_ticket@yahoo.co.jp 


 宛て。「件名」に「10/14@庸蔵ワンマン」と添えて、

 ①お名前(カタカナフルネーム)
 ②人数
 ③お電話番号(通常利用いたしません。)

 を書いて送信下さい。数日中に受付番号を添えてご返信いたしますので、パソコンからのメールをお受け取りになれるアドレスからお送り下さい。

 受付番号が当日の入場順となります。受付番号とお名前を会場でお伝え下さい。


 庸ワンオレンジ_convert_20110911030339

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

秋の夜長に音楽を

 みなさまこんばんは。

 めっきり秋になりました。夜は冷えますね。

 10/5、10/6とliveでした。

 来て頂いたみなさま、ありがとうございます。

 10/5は、ほしば かなえバンド@月見ル君想フ。

     DSC_0647_convert_20111007232808.jpg

 「時雨月の宵祭り」

 タイトルのせいか、はたまた出演者に強力な雨女がいたのか、久々の”どしゃ降り”ってやつでしたね。

 来て頂いた方々に心から御礼申し上げます。

 坂本麗衣、タマル、洋美、ヨシザワカヨコ、はたまた、ほしば かなえ?雨女は誰でしょうね?笑

 liveはみなさん素晴らしかった!

 しかもサポートメンバーも合わせて友人ミュージシャンばかりで、楽し過ぎる楽屋。。。

 タマルちゃん撮影。左からよしうらけんじさん(per)とみっちゃん。と僕?

IMG_9302_convert_20111007230127.jpg

 ほしば かなえバンドは新しい編成でのlive。

 ガットギター丸山力巨

     DSC_0630_convert_20111007232710.jpg

 パーカッション三星章紘

DSC_0617_convert_20111007231317.jpg

 コントラバス古賀圭侑

     DSC_0624_convert_20111007232549.jpg

 バースディを迎えたばかりのほしば かなえ。おめでとう!!いい笑顔だね。

DSC_0632_convert_20111007223732.jpg

 写真は友人の山下愛香さんが撮ってくれました。


 ところ変わって、10/6は迫水秀樹バンド@440。

 このバンドは本当におもしろい。見たことがある方ならわかっていただけると思うのですが、動物園みたいなバンド。笑 なんたって個性豊かな8人編成!

 迫水君の素晴らしい歌に、

IMG_7530_convert_20111007224325.jpg

 変態ピアノと変態ベース。と僕?

 二人の名前は、、、よく知りません。哺乳類らしいです。笑

IMG_7550_convert_20111007224730.jpg

 美女が二人。左からトランペットmayuko。ヴァイオリン西垣奈津美

 敏腕探偵の庸蔵としては、迫水君は女子メンバーを顔で選んでいるとにらんでいます。笑

IMG_4931_convert_20111007231752.jpg

 これまた友人の素晴らしいシンガー大柴広己くんの企画。大柴くんもイイ歌うたってた。

 素敵な夜は続いて、

 そして僕はついに一週間後に迫ったあの日に向けて、全神経を集中。

 ありがたいことに、チケットはもうしばらくで完売となりそうです。

 お考えの方は予約をお急ぎ下さい。

 お待ちしています!

  10/14(金)

 庸蔵 バースディ ワンマンLive

 『いちばん小さな月夜の歌』



 【ゲストシンガー】

 小林亮三(cune)/ 榎本くるみ

 【メンバー】

 丸山力巨(g)、阿部樹一(pf)、梅田誠志(b)、髭白健(ds)、豊田稔(per)、ほしばかなえ(voice)

 【オープニングアクト】

 エバラ健太 / 迫水秀樹


 【場所】三軒茶屋Grapefruit Moon

 【時間】open18:30 / start19:30

 【料金】前売り(予約あり)2500 / 当日3000 (ともに+ドリンク代500円)

 【予約について】

 下記アドレスにてメールのみで受付いたしております。

 yo_zo_ticket@yahoo.co.jp 


 宛て。「件名」に「10/14@庸蔵ワンマン」と添えて、

 ①お名前(カタカナフルネーム)
 ②人数
 ③お電話番号(通常利用いたしません。)

 を書いて送信下さい。数日中に受付番号を添えてご返信いたしますので、パソコンからのメールをお受け取りになれるアドレスからお送り下さい。

 受付番号が当日の入場順となります。受付番号とお名前を会場でお伝え下さい。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

時雨月のすけじうる

 みなさまおはようございます。

 あっという間に10月。

 10月のことを神無月というのはみなさんよくご存知でしょう。

 八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まっていなくなるからで、

IMG_3579_convert_20111001124532.jpg

 つまり出雲だけは神在月(かみありづき)と言うわけですが。

 他に神去月(かみさりづき)とも言ったり。

 中でも僕が好きな名前は

 時雨月。

 しぐれづき。

 時雨月の現段階でのスケジュールをまとめておきます。

 IMG_5640_convert_20111001132425.jpg

  10/5(水)

 ほしば かなえ サポート

 「時雨月の宵祭り」

 with 坂本麗衣/タマル/洋美/ヨシザワカヨコ

 @青山・月見ル君想フ

 open 18:15 / start 18:45

 ※ほしば かなえは20時頃~予定

 adv:2300 / day:2800 (+1d 500)



 10/6(木)

 迫水秀樹 サポート

 "大柴広己presents「秋もじゃ」"

 with 大柴広己/HANGRY ANGRY/plane

 @下北沢 440

 open 19:00 / start 19:30 

 ※迫水秀樹は19:30~予定。

 adv:2500 / day:3000 (+1order)


 
 そしてなんと、庸蔵ワンマンがさらに豪華になりました!

 オープニングアクトで二人の色男が1曲ずつ歌ってくれることになりました。

 エバラ健太

IMG_5244_convert_20111001131341.jpg

 迫水秀樹

IMG_0935_convert_20111001131323.jpg


  10/14(金)

 庸蔵 バースディ ワンマンLive

 『いちばん小さな月夜の歌』



 【ゲストシンガー】

 小林亮三(cune)/ 榎本くるみ

 【メンバー】

 丸山力巨(g)、阿部樹一(pf)、梅田誠志(b)、髭白健(ds)、豊田稔(per)、ほしばかなえ(voice)

 【オープニングアクト】

 エバラ健太 / 迫水秀樹


 【場所】三軒茶屋Grapefruit Moon

 【時間】open18:30 / start19:30

 【料金】前売り(予約あり)2500 / 当日3000 (ともに+ドリンク代500円)

 【予約について】

 下記アドレスにてメールのみで受付いたしております。

 yo_zo_ticket@yahoo.co.jp 


 宛て。「件名」に「10/14@庸蔵ワンマン」と添えて、

 ①お名前(カタカナフルネーム)
 ②人数
 ③お電話番号(通常利用いたしません。)

 を書いて送信下さい。数日中に受付番号を添えてご返信いたしますので、パソコンからのメールをお受け取りになれるアドレスからお送り下さい。

 受付番号が当日の入場順となります。受付番号とお名前を会場でお伝え下さい。



 10/19(水)

 迫水秀樹 サポート

 「月の待ち人」

 with 野村太郎/丸谷マナブ/VOLOMUSIKS/nothing ever lasts

 @青山・月見ル君想フ

 open 18:00 / start 18:30

 ※迫水秀樹は19:50頃~予定

 adv:2300 / day:2800 (+1d 500)



 10/28(金)

 ほしば かなえ サポート

 「七色の鍵盤」

 with つるうちはな/嶌岡大祐/オガワマユ

 @北参道 storobe cafe

 open 19:00 / start 19:30

 ※出演時間未定。2番手とのこと。

 adv:2300 (+1Drink order)



 秋の夜長に

 宵い音楽を。

 IMG_9719_convert_20111001133731.jpg
 

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。