スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにやら皐月が見逃せない


 か、か、書いたどーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 blog!!!

 やっぱり全然書かない時と、連日で書く時と、極端こそ最高!!!

 何を言ってるのか、

 イイ季節になって来ましたね

 ホント気持ちいい

 久々に髪も切れました

     IMG_4847.jpg

 もうココ5~6年切ってもらってるスタイリストIさんのセンスはすごい

 いつも特に打ち合わせなしで切り始めるんだけど、見えてるヒトには見えてる

 おかげで サッパリ です!!!

 さて、来月は本数は少ないけど、どれもオススメLIVEで困ります。笑

 まずはやって来ました!!このトリオ!!

 歌モノ(ポップス)と呼ばれるジャンルをどこまで音楽的に遊べるか(笑)をストイックに追求するこのトリオ。もちろん今回も当日までリハなし、即興をふんだんに盛り込んでお届けしマス!!ご予約はお早めに!!

 5/9(土)

 樽木栄一郎 × KAZU × 庸蔵 トリオ ワンマン

 201405171.jpg

 @下北沢cafe/field

 open 19:30 / start 20:00

 music charge ¥2400(+1 Drink Order)


 ご予約は→ 「件名」を「5/9予約」として頂き、①お名前(カタカナフルネーム、ニックネームOK)、②枚数、③ご連絡先 を添えて、 cafefield@outlook.jp までお送り下さい。


 そして、

 深化する!!タカハシヒョウリ バンドセット

 今回の相手はなんと ラキタ君だ!!

 ラキタ君といえば、ご存知伝説のバンド「ボ・ガンボス」のどんとさんのご子息ですが、彼は本当に素晴らしい音楽家。自由に空間を行き来します。風とか空気みたいに。

 11133761_799661410122135_417935649153659250_n.jpg

 ヒョウリとラキタの2マンなんてこれ面白過ぎますよ。

 オープニングゲストに白波多カミンさんのバンドセットのお披露目もあるそうです。豪華な夜です。

 5/28(木)

 タカハシヒョウリ バンドセット

 IMG_4852.jpg

 下北沢レコードvol.8 “Night at the Museum”

 w/ ラキタ / ゲスト:白波多カミン

 @下北沢440 

 Open 18:30 / Start 19:00

 Adv ¥2800 / Door ¥3300(+1 Drink Order)


 ご予約は→コチラより


 そして!!!!!!

 彼がついに東京に帰って来ました

 盟友・小林亮三あらためNamioto!!!

     11109698_802470246507918_8705391479738449435_n.jpg

 さらに彼のバースデー当日となる5/30にピアノに阿部ちゃん、ゲストsaxとして僕、さらにさらに縁のあるシークレットゲストを迎えて特別な夜となるでしょう。

 “Namioto Feel the roots”

 Namiotoの誕生した日に自身の音楽的ルーツへ誘うカヴァーナイト。ゆかりのあるゲストを迎え、下北沢の夜を歌で彩る。

 5/30(土)

 Namioto

 アコースティックワンマン「Namioto Feel the Roots」
 
 Namioto(vo) 阿部樹一(pf) 庸蔵(sax) & Special Guest !!

 @下北沢cafe/field
 
 Open 19:30 / Start 20:00

 Music Charge ¥2400(+1 Drink Order)


 ご予約は→「件名」を「5/30予約」として頂き、①お名前(カタカナフルネーム、ニックネームOK)、②枚数、③ご連絡先 を添えて、 cafefield@outlook.jp までお送り下さい。*予約番号順の入場となります。立ち見の可能性もあることをご了承下さい。


 どれもオススメ過ぎて、、、

 どうしましょう、、、

 とにかく、、、

 乾杯しましょ!!!

     IMG_4218.jpg

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

弥生時代の出没スポット


 みなさまこんばんは、もしくは、おはようございます。

 2ヶ月も書いてなかったと思いきや、いきなり連日書くから不思議。

 今夜のお供はcro-magnonです。ナイスMV!!



 春が来ますね。まだ夜は冷えますけれど、

 今月などは色々なところに出没いたします。

 3/7(土)

 アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


 hirokominoruyz3.jpg

 @下北沢cafe/field

 open 19:30 / start 20:00
 music charge ¥2,400(+1drink order)
 ※Thank you, Sold Out!!


 ヒロコとももはや長い付き合いになりますね、素晴らしい曲を書く歌い手&ピアノ弾き。そして日本一(?)イスを上手に叩く人(笑)で、一躍時の人(?)になりましたパーカッション・ミノル

 ピアノトリオっていうと、まず間違いなくベースとドラムスですが、このトリオはそれを大きく裏切って(笑)、

 リズム隊(ベース&ドラムス)  ってね、良くも悪くも安定するの。安定し過ぎるの。この編成はしなやか。



 とてもオススメのトリオなんだけど、どうやら完売したみたい。現在、キャンセル待ちです。(ご希望の方は hirokonline@gmail.com までご連絡下さい。)

 3/18(水)

 タカハシヒョウリ バンドセット


 tumblr_inline_ngtch1tUSQ1s6u4ro.jpg

 @新宿Motion

 w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
 open 18:30 / start 19:00
 adv ¥2,000 / door ¥2,300(各+1drink500)


 はい、オワリカラのvo/gt、貴公子ヒョウリのバンドセット。このメンバーでは3度目の船出。

 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
 このバンドがね、またイイんですよ。ヒョウリの小顔を見るだけでも2000円の価値あるので、寄って下さい。ご予約は新宿Motionまでお願いします。

 3/21(土) 春分の日

 Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

 『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


 hobsonyukiyozo.jpg

 Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
 @下北沢cafe/field
 open 19:30 / start 20:00
 music charge ¥2,500(+1drinkオーダー)


 日本でボサノヴァを大いに広めた方の一人といえば小野リサさん。その小野リサバンドのメンバーとしても活躍し、まさに日本ブラジル音楽界を支えてきた素晴らしいギタリスト/ボーカリストがいます。彼をホブソン・アマラウといいます。

 そして、バークリーを卒業して日本に帰ってきた実力派のシンガー、透明感があって抜けがよく、それでいて力強い美声をもつ宮崎友紀子。彼らはDUOとしてLIVE活動を重ね、先頃アルバムもリリース。



 そんな2人とある夜、いきなり出逢って3人でsessionとなりましたが、それはそれは心地よい時間だったので、よしっ3人でLIVEしようって話になったってわけ。素晴らしい2人とのオススメな春の宵。コレ聴いて欲しいやーつ。ぜひどうぞ。ご予約は cafefield@outlook.jp までご連絡下さい。

 3/24(火)

 早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


 o080008001412322620930.jpg

 w/ YOO / 松本リョウスケ
 @青山・月見ル君想フ
 open 18:30 / start 19:00
 adv 2,500 / door 3,000 (各+1d500)


 ブッチこと早渕くんとも長い付き合いになりますが、正式な共演はなんと初。この男、正統派の実力派。ホントに声量があって、歌が上手い。曲もイイ。ほら♪



 メンバーもとても楽しみなメンバー。

 早渕恭弘(vo/gt)
 加藤一誠(gt)
 富樫圭介(ba)
 KAZU(ds)
 庸蔵(sax)
 佐々木友和(cho)


 こちらもぜひ聴いて欲しい夜。ご予約は月見ルまでお願いします。

 4月も何本か決まってるけどまた改めて。

 そろそろアツアツの風呂が沸くので、今宵はこの辺りで。

 最後に、

 選択の余地のない 自動販売機をどうぞ。

 IMG_4178.jpg
 
 それではみなさま御機嫌よう♪

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

2015年"tsukuyomi"初め


 2015年の

 夜明け

 IMG_3570.jpg

 日付変わって今夜

 今年の吹き初めは"tsukuyomi"

 「踊られる音」

 10928098_827691390621911_869401338_n.jpg 

 昨年10月のアルバムリリースパーティー以来

 10899732_827691403955243_17385876_n.jpg

 このメンバーが元気に揃って一緒に音を出すだけで嬉しいもんだ

 10899828_827691413955242_660342771_n.jpg

 共演バンドも最高

 今この界隈のどこにいったって話題のtoconoma



 名古屋より久々の東京登場

 ツインドラム×パーカス 

 egoistic 4 leaves



 VJはもちろんこの人

 IMG_3809.jpg

 助川貞義(OVERHEADS)

 料理はもちろんこの人

     IMG_3810.jpg

 ソウダルア

 そして彼が今夜作る、特別メニューはこちらの三品

 ・牡蠣と白菜のポタージュ
 ・卵白と海老の紅白オムレツ
 ・新春 日の出キーマカレー

 完売必至のため、開場の18:30からいらっしゃってまずは味覚でお楽しみ下さい

 egoのパーカス・ヒロキと楽しみにしてきた夜

 hiroki.jpg

 1/10(土)

 ~音楽にとりつかれた大人たちへ~

 「踊られる音」 新春早々豪華3マン


 <Live Act>

 "tsukuyomi"
 toconoma
 egoistic 4 leaves

 <VJ> Sukegawa(OVERHEADS)

 <Food> ソウダ ルア(ル・ツボ)

 @南青山・月見ル君想フ

 open 18:30 / start 19:00

 adv 3,000 / door 3,500(+1D)


 20150110flyweb.jpg


 

できればハッピーエンドで

 まずはこちらから見て頂きたい

 あっでも、興味を持たれる方と、苦手な方に分かれると思われるので、少し先に説明しておきます

 まず先に、僕はまだこちらの映画を拝見できておりません。時間が合えば行きたいと思いながら、いまだ叶っておりません

 増田壮太さんも、太田信吾監督も僕はお会いしておりませんが、

 故・増田さんを追った映画「わたしたちに許された特別な時間の終わり」



 日付変わって本日9/19、この映画の公開記念と、彼へのトリビュートを兼ねたライブイベント「命のドアをノックする」で演奏させて頂きます

 誘ってくれたのはロックバンド「オワリカラ」のタカハシヒョウリ君

  hyouri.jpeg

 彼のソロとしてのバンド編成として

 gt/vo タカハシヒョウリ(オワリカラ)
 key/vo アラカキヒロコ
 sax 庸蔵
 ba 宮田岳(黒猫チェルシー)
 dr 山本淳平(LOOLOWNINGEN)


 本日はリハ
 
 rh2.jpg

 rh1.jpg

 この5人で演奏致します

 増田さんは2010年、映画の撮影中であった27歳で自らの人生に幕を下ろし、メッセージを残したそうです

 「この映画を完成させてね。できればハッピーエンドで。」

 太田監督は苦心しながらも映画を完成させたそう

 増田さんは、こんな曲を残しています



 イイ曲

 そして、このMVの撮影場所、僕がホームとして使っている、一番好きなライブハスウス「月見ル君想フ」で間違いないですね。これは何かのご縁ですね

 明日はsax、イイ音が鳴ると思います

 イベント詳細はコチラ

 http://www.moonromantic.com/?p=20967



テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

宴、ふたたび

 気が付けば1年と8ヶ月が経っていました

 最後のアノ宴から、、、

 昨年の秋から初のアルバム製作に入り、LIVEはオヤスミしていた僕のリーダーバンド"tsukuyomi"

 その"tsukuyomi"つまり僕個人ですが、主催となり、僕のその時に本当に共演したい2組を誘い、

 おなじみ”光の魔術師”助川貞義さんがVJとして即興的に映像を投射し、

 さすらいの料理人ソウダルアが、その3組の音からインスパイアされた特別料理を振舞う夜

 演ります
 
 8/29(金) 

 ”音楽にとりつかれた大人たちへ”

  「踊られる音」

 tsuku4-crop.jpg

 青山までお越し頂くことを強くオススメいたします♪

 今回の最高の出演者は、

 まさに本日2組ともがアルバムをリリースするという、、、

 まずはちょうど今現在i tunesジャズチャートでそのアルバム『WALL』が1位

 JAZZ JAPAN AWARD 2013 アルバム・オブ・ザ・イヤー ニュースター部門受賞など最も注目されるトリオ

 fox capture plan

 fcp2014.jpg



 そしてbohemian voodooのギタリストでもあるbashiryが、独特の肉声感と 抜群のフロウで存在感溢れる、ラッパーでシンガーでもあるMassanと組んだDuo。1MC×1gtというシンプルさがcool過ぎる。

 こちらも本日アルバム『Timely』リリース

 massan × bashiry

 Massan Bashiry



 そして私の"tsukuyomi"のアルバム製作もゆっくりじっくりですが順調。来週ついにマスタリングを迎えます。

 同時に今ジャケットデザイン、さらに同時にMV製作に向けての準備中。

 やること大杉。。。

 とても充実した毎日。

 リリースは10月予定

 まさに”旬”の3組が揃い踏みするステキな一夜

 見逃して欲しくない夜。

 "tsukuyomi"としては昨年10月のワンマン以来、10ヶ月ぶりのLIVE



 みなさん、夏の終わりに青山へ大集合よろしくお願いします。

 最高の夜をともに。

 8/29(金)

  「踊られる音」


 【出演】

 "tsukuyomi"(庸蔵's band style)
 fox capture plan
 massan × bashiry

 【VJ/Liquid Lighting】 助川貞義(OVERHEADS)


 27919_363403197090053_1276855988_n.jpg

 【Food】 ソウダ ルア

 rua.jpg

 【場所】 南青山・月見ル君想フ

 【時間】 open 18:45 / start 19:30

 【料金】 adv 3,000 / door 3,500 (各+1drink)

 【予約・詳細】
 コチラからどうぞ


 アノ宴までもう少々お待ち下さい。

 tsuku2.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

Billboard TOKYO

 みなさんおはようございます。

 昼にblogを書くなんて、慣れないことをしてみます。

 そうだな、Radio DJ風にやりますか。

 誰かになりきることにとって、この恥ずかしさをまぎらわしましょうか。

 Hi みんな 調子はどうだい?

 木曜のランチタイムは 僕におまかせ

 まずはコイツでゴキゲンになってくれっ



 今一番HotなNewsは昨晩とうとう情報解禁になったコレ

 、、、

 ダメだ、余計恥ずかしい、、、

 気を取り直しまして、、、

 みなさんこんにちは。

 清清しい木曜の午後です。

 6/5(木)六本木はビルボード東京に出演させて頂きます。

 日本の誇る素晴らしきタップダンサーSUJIこと浦上雄次さんの単独公演「DANCER’S PREMIUM "浦上雄次(SUJI TAP)"」にご一緒させて頂きます。

 suji1.jpg

 
 suji2.jpg

 ビルボードライブ初となるダンス・ショーケース・ライブ『DANCER’S PREMIUM』を開催!栄えある第1回目を飾るのは日本トップクラスのタップ・ダンサー浦上雄次(SUJI TAP)。

 ビルボードライブでのパフォーマンスは、指折りのバンドメンバーを従え、普段とは違ったスペシャル・パフォーマンスを見せる。さらにスペシャルゲストとして、ハウスダンサーのレジェンドEJOE from.NYCが登場。

 ビルボードライブでしか見れない奇跡のコラボレーションが実現。ダンスファンから音楽ファンまで、見逃せないプレミアム・ナイトとなる。

 【出演】

 浦上雄次(tap)

 庸蔵(sax)
 佐田慎介(gt)
 ヤマザキ タケル (p)
 Sunapanng (b)
 森 智紀 (per)
 Bang-Chang (ds)

 Special Guest : EJOE(from NYC)


 【時間】

 1stステージ 開場17:30 / 開演18:30
 2ndステージ 開場20:30 / 開演21:30

 【charge】

 サービスエリア(自由席) 4,000円
 VIPシート 5,000円
 カジュアルエリア 3,500円

 ※サービスエリア・VIPシート:スタッフサービス付のエリア
  カジュアルエリア:1ドリンク付きのセルフサービスエリア

 【予約受付開始】 会員/一般:5/8(木)

 ご予約・お問合せ:ビルボードライブ東京予約センター 03-3405-1133 

 ※サービスエリア(自由席)はチケットぴあ、eプラスでも購入可能 

 http://http://www.billboard-live.com/

 と、いうことで、

 ビルボードといえば我が師・菊地成孔氏も立ったステージ

 全身全霊で演奏させて頂きます
 
 みなさま、

 6/5は、六本木ミッドタウン、ビルボード東京でお待ちしています。

写真 (7)

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

卯月のウタゲ

真夜中なのでblogをばしたためようかと

でもやること大杉なので要点のみをば

日付変わって今夜

急遽Namiotoが東京へ来るそうで

ピアノのアベちゃんとともにトリオで

ありそうでなかったこのトリオで

明日の夜に溶けます

アベちゃんこの日Wヘッダーだそうで

こっちのリハやって、あっちの本番やって、21:40渋谷着予定で22:00~こちらの本番だそうで、、、

明日多分アベちゃんなしでやると思います。笑

4/15(火)

Namioto × 庸蔵(sax)× 阿部樹一(key)

 20140415.jpg

「HELLO!! ROCK STAR☆」

@渋谷O-Crest

open 18:00 / start 18:30

adv 2500 / door 3000 (+ドリンク別)



そしてさらに2日後は

ついにあの男が2年以上の時を経て、

イギリスおよび世界放浪の旅から一時帰国中の

迫水秀樹!!!

のLIVEがあるのです

どんな男になっているか楽しみ

僕自身が一番期待している


4/17(木)

迫水秀樹

世界一周うたうみち 海外再出発記念LIVE

『僕が世界にまた持っていくもの』

kiseki.jpg

@笹塚Blue-T 

doors 18:30 / start 19:30

charge 2800
(ワンドリンク込み。別オプションとして+1000円でお食事もできます。)



書きたいこともたくさんあるけど

眠りに落ちる前に

もう何曲か吹きたいから

今宵はこの辺で

今夜か明後日

乾杯しましょう♪

you_201404150418377f2.jpg

呑める者も呑めない者も

人生に

自分に

愛する者に

酔いつぶれよ

オヤスミナサイ

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

現代の吟遊詩人


 何度見てもイイですね

 バラ科サクラ亜科サクラ属の落葉樹

 20140328.jpg
  
 桜にせよ、蝉にせよ、雪にせよ、季節を体現させるものには儚さが付きものか

 そんな良き季節に、楽しみなliveが決まりました。



 樽木栄一郎 

 現代の吟遊詩人、声と言葉で物語を紡ぐ

 そして

 彼と幾度も共演し、阿吽の呼吸でリズムを注ぐKAZU

 以前から僕がとても共演したかったお二人と

 ありそうでなかったトリオ、でliveをします

 事前のリハーサルはなし、即興的で音楽的でスリリングな夜となるでしょう

 30名限定、お早目のご予約をオススメします

 お楽しみに

 いえ、僕が一番楽しみ

 うへへ♪

 5/17(土)

 樽木栄一郎 × KAZU × 庸蔵


tarukikazuyozo.jpg

 樽木栄一郎 (vo/gt)
 KAZU (per)

 庸蔵 (sax)

 @下北沢 cafe/field

 open 20:00 / start 21:00

 music charge:¥2,400(+ 1drink order)

 ※30名限定


 【予約方法】「件名」に「5/17予約」として頂いて、①カタカナフルネーム(ニックネームOK)②人数 ③お電話番号を添えて、 yo_zo_ticket@yahoo.co.jp までお送り下さい。数日内にご返信致します。

 
 

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

波の音(ね)を待つ雪消月

 先頃、1200字ほどのライナーノーツを書いた。

 1200字と聞くと膨大な文章を想像されるかもしれないがこの字数は意外とあっさりと尽きてしまうもので、最終的にかなりの段落をカットすることになった。

 僕はその手の文章にしろこういったblogにしろ、書く内容をまったく決めずに書き始めるが、これは逆に誰かに自分の頭の中や心情が整理されるような作業でおもしろい。特に想いが詰まり過ぎた内容を扱う時は、、、

 雪消月、「ゆきげづき」や「ゆきげしづき」と呼ばれる2月の異名。

 ふたたび、彼が東京に帰ってくる。

 Namioto

 ryozo2_20140128035141127.jpg

 昨年11月から今月まで僕らは音源を配信した。昨年3月に彼をリードシンガーに迎えて、僕のユニット"tsukuyomi"とコラボレーションしたliveを録音したもの。

 11/11に「金屏風」「Dahlia~waltz ver.~」の2曲

 1/1元旦に「じょんがらじょん~jazz ver.~」

 1/11に「かけすてて」

 この4曲はNamiotoが作詞作曲した素材を僕が"tsukuyom"versinoにアレンジした。

 それぞれ曲名をクリックしてもらうと視聴もできるページに飛べるのでどうぞ。

 一音でも聞くとアノ夜がよみがえる。ぜひ聴いて欲しい。

 その Namioto × "tsukuyomi" ふたたび

namioto tsukuyomi

 Namioto・・・2002年ユニバーサルジャパンよりcuneのボーカルとしてメジャーデビュー。大部分において作詞作曲を手がける。よりジャンルに囚われない自由度の高いパフォーマンスに専念するためにバンドを脱退、ソロ活動始動。旅をしながら音楽を作ることを実践する。ソロ転向後はpianistとシンプルにそぎ落としたsingle「Ameni」。2013年11月、sax奏者・庸蔵率いるユニット”tsukuyomi”とコラボレーションしたlive音源「Dahlia~waltz ver」 「金屏風」をi tunesより配信リリース。現在鹿児島在住。今回はダンサーのアノ人も帯同、との噂。。。

 "tsukuyomi"・・・sax奏者・庸蔵が2011年に始動させた自身初のリーダーユニット、2013年10月に行われた初ワンマンも盛況に終えた。独特としかいいようのない世界観で、sax、バイオリン、パーカッション、ドラムス、ガットギター、アコースティックベース、key、voiceのアコースティックな8音が即興と組織されたアンサンブルを自在に行き来する。今回のメンバーは、丸山力巨(g)、梅田誠志(b)、清野雄翔(key)、只熊良介(ds)、禹貴惠(vln)、ミズノミカ(cho) その夜だけの音物語を綴る。Namioto、大石昌良、榎本くるみなどシンガーとのコラボレーションにも定評がある。

 2/11、火曜は祝日・建国記念日に青山の満月の下に帰って来ます。

 さらに今回も、今最も聴かれるべき歌うたいの2人を迎えて、

 次松大助

次松大助
 
 1999年「ザ・マイスティース」のボーカルとしてミュージシャンのキャリアをスタート。5枚のフルアルバムと2枚のミニアルバム、6枚のシ ング ル、2枚のライブDVDをリリース。フジロック、サマーソニック、カウントダウンジャパン等多くのフェスティバルへも出演。ミュージシャン活動以外でも音楽誌、ファッション誌でのコラム連載等で多彩な才能を発揮。「ザ・マイスティース」結成10年目を迎えた2009年4月、多くのファ ンに 惜しまれつつも解散を発表。シンガーソングライターとしての新たなキャリアをスタートし、1stアルバム『Animationfor oink, oink!』をリリース。現在は独特のピアノ弾き語りスタイルで、日本全国や韓国でライブツアーを行っている。2013年1月23日、3年振りとなるアルバム『Ballade for Night Zoo』をリリース。

 奇妙礼太郎

kimyo reitaro

 「大根 ! 人参!ロックンロール!くよくよしようぜ! ~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。
弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了し、CMなどでもその歌声は多数起用される。2013年、初の弾語り全国ツアーを実施、ライブ会場限定にて『HOLE IN ONE』をリリース。

 最高のラインナップでお届け致します。

 最初から最後まで一音も聴き逃して欲しくない夜。

 この日も料理はもちろんフードコーディネーターのソウダルアを月見ルのキッチンに招聘。3組の音からインスパイアされたこの日限定の特別料理でお出迎え。レストランに寄る必要はありません。18時の開場からお越し下さい。

 完売の可能性もあるため、お早めのご予約をオススメ致します。会場の「月見ル君想フ」へ直接お願いします。

 2/11(火・祝)

 「月の待ち人~雪消月のSpecial Night~」

Namioto × "tsukuyomi"(庸蔵's band style)
次松大助
奇妙礼太郎


 @南青山・月見ル君想フ

 open 18:00 / start 19:00

 adv 3000 / door 3500(各 +1d 500)

 ご予約・詳細はコチラ


  1533377_561306520623687_572924027_n.jpg

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

~たわいもない会話~

 今年の冬は突然やって来た。

 いやぁみなさん、すっかり寒くなりました。

 そんな冬の夜を温かくするため、

 しっとりとStandardのliveをやることにしました。

 およそ1年ぶりになるかと。

 メンバーは僕のJazzサイドともいえるトリオ。

 コントラバスに服部将典

 NRQのほか、轟渚、popoyans、shing02歪曲バンド、Emi Meyer、NH-Trio、U-TANZなどでお馴染み。

 ピアノに阿部樹一

 「越路よう子とザ☆エレガンツ」アコースティックロックバンド「soranomi」に在籍の他、サポートはシンガーソングライター榎本くるみ、波音など。

 そしてもう一方、素敵なゲストプレイヤーをお呼びしましょう。

 いつもとちょっと違うのは、、、

 楽器ではない、という点。。。

 なんと、、、

 タップダンサー浦上雄次さんをお迎えします!!

 suji3.jpg

 saxとコントラバスとピアノとタップ。。。

 うふふ、こりゃ楽しみで仕方がない。


 タイトルは~Silly Talk~

 意味は、たわいもない会話。

 4人で素敵な素敵な”たわいもない会話”をしてみせましょう。


 場所は代官山駅徒歩1分のカフェ&レストラン「山羊に、聞く?」

 みなさんにお食事もゆっくりお楽しみ頂くために、テーブルと席をちゃんとご用意する関係で人数に制限がございます。お早めに「山羊に、聞く?」までご予約下さい♪

 評判の美味しい料理とともに、お待ちしております。


 12/12(木)

 ~Silly Talk~


 庸蔵 plays Standards '13

 with 服部将典(cb) 阿部樹一(pf)

 Special Guest 浦上雄次(tap)

 @代官山「山羊に、聞く?」

 open 19:00 / start 20:00

 入れ替えなし2部制 1部はトリオ 2部は with tap!!

 charge \2,500+order(お一人様1food、1drink以上のオーダーをお願いしております。)

 ご予約 「山羊に、聞く?」HPかお電話03-6809-0584にて受付中


 yozo suji

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

プロフィール

庸蔵

Author:庸蔵
気ままなsax吹き。菊地成孔、津上研太、藤原大輔に師事。

2011年より自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。

"tsukuyomi" Official Live Movieはコチラ

Rickie-G、タカハシヒョウリ(オワリカラ)、浦上雄次(タップダンサー)、樽木栄一郎、大石昌良、Namioto(ex.cune 小林亮三)、サカノウエヨースケ、榎本くるみ、Cana(Sotte Bosse)、ユラリ(ex.Bahashishi)、迫水秀樹(ex.アメリカンショートヘアー)、アラカキヒロコ、ほしば かなえ、諌山実生など様々なアーティストとのコラボレーション、サポート、レコーディングやプロデュースなど国内外でジャンルレスに活躍中。2011年自身初のリーダーバンド"tsukuyomi"(庸蔵's band style)始動。作詞作曲アレンジをすべて手掛け、8名のメンバーにリキッドライティングによるVJを加え、独創的としかいいようがない世界を構築。

待望の1stアルバム"honeymooner"が2014.11.05ついにリリース!!

生まれ変わったら、風見鶏になりたいのです。

2014年1月に下北沢に音楽家の集まる隠れ家バーを出したとか出してないとか。

  【Live Schedule】

6/5(金)

『“tsukuyomi” 1st アルバム “honeymooner” リリースパーティー in 大阪』

@難波・フラミンゴ・ジ・アルージャ

開場 19:00 / 開演 1部 20:00 / 2部 21:00頃(入替なし)
music charge ¥3,200(+ご飲食代)
詳細・ご予約はコチラ



 【Collaboration/Support/Guest】

3/7(土)

アラカキヒロコ × 庸蔵 × 豊田稔 トリオ ワンマン


@下北沢cafe/field

op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2400(+1drink order)
※Thank you, Sold Out!!


3/18(水)

タカハシヒョウリ バンドセット


@新宿Motion

w/ 鈴木実貴子ズ / よしむらひらく+畠山健嗣 / chori (band) / 竹谷依実子
op 18:30 / st 19:00
adv ¥2000 / door ¥2300(各+1drink500)


 タカハシヒョウリ(vo/gt)
 アラカキヒロコ(key/cho)
 庸蔵(sax)
 宮田岳(ba from 黒猫チェルシー)
 山本淳平(ds from LOOLOWNINGEN)

  
3/21(土) 春分の日

Robson Amaral + Yukiko Miyazaki + Yozo トリオ ワンマン

『Special Trio LIVE~Spring has come!! Brazilian Party!!~』


Robson Amaral(vo/gt) 宮崎友紀子(vo)  庸蔵(sax)
@下北沢cafe/field
op 19:30 / st 20:00
music charge ¥2500(+1drinkオーダー)


3/24(火)

早渕恭弘(ex.スパイシージャム)バンドセット


w/ YOO / 松本リョウスケ
@青山・月見ル君想フ
op 18:30 / st 19:00
adv 2500 / door 3000(各+1d500)



演奏、liveサポート、レコーディングのオファーなどは下記メールフォームからお気軽にどうぞ。心よりお待ちしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
NEWS!!
【"tsukuyomi" 1stアルバム
"honeymooner"
2014.11.05 on SALE !!!】

庸蔵が作詞・作曲・編曲そのすべてを行い、2011年の始動以来、即興に重きをおくライヴバンドとして活動してきた"tsukuyomi"(庸蔵's band style)。3年目の今年ついに待望のファーストアルバムをリリース。
この1年をかけてサウンドはもちろんアートワークの細部に至るまでじっくりと丁寧に製作されてきた。

アルバムのダイジェストミュージックビデオはコチラ

全国各CDショップにて現在予約にて販売受付中!!下記ショップ名をクリックして下さい。

・タワーレコード
 ・HMV
 ・Amazon


【Namioto×"tsukuyomi"
ライヴアルバム
Jongara-Judd】




cuneのvoとしてメジャーシーンで活躍してきたシンガー小林亮三がソロ名義でNamiotoとなり鹿児島へ移住したが、親交の厚い二人が単なるコラボレーションの域を越えて魅せた2013年3月のLiveから、4曲を臨場感そのままにパッケージ。1200円。都内では下北沢のカフェ&バー「cafe/field」で販売しています。枚数限定です、お早めにお買い求め下さい♪

【オリジナルTシャツ】

【sharbet pink × grey × emerald blue】

写真5

こちらのカラーはボディを別のタイプにしました。首回りが広め、生地は薄め、そしてS、M、Lの3サイズ展開にしました。現在のところlive会場限定販売でお値段は変わらず3,000円。

イラストレーターオカダミカが"庸蔵のsax"をイメージして描いた女の子とsaxのシルエット。

従来の2色のカラーはM/Sの2サイズ展開。いずれも3,000円。

IMG_5750_convert_20111012203824_convert_20111023072402.jpg
【white×black×red】

IMG_0952_convert_20111012203807_convert_20111023072349.jpg
【black×silver×red】

庸蔵主催のlive時には用意して参りますが、サポートやゲストでの出演時にご興味のある方は事前にblogやtwitterなどでメッセージいただければお持ちできます。実物を見てからお買い求め下さい。お気軽にどうぞ。
twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。